jQuery('.switcher .option').bind('mousewheel', function(e) {var options = jQuery('.switcher .option');if(options.is(':visible'))options.scrollTop(options.scrollTop() - e.originalEvent.wheelDelta);return false;}); アイドリング中に、クラッチを踏んでいないとき、シャーという音がトランスミッションから聞こえる, その2 天井に張っていあるシートが「ペラーン」と落ちてきます。, よく見かける修理方法は「プラダン」をつかってする「ぼろ隠し」です、 JA11ジムニーは販売終了からすでに20年以上経過していますが、まだまだ現役の人気車両です。, エンジンもシャシーもとても丈夫な車ですが、JA11ジムニー特有の様々なトラブルもまたつきものです。, ここではJA11ジムニーと長年付き合ってゆくための、よくあるトラブルの例とその対処方法を紹介します。, セルを回してもエンジンが始動しない、「カチカチ」という音が鳴る、バッテリーは上がっていない。, JA11ジムニーは構造上、軽自動車としてはセルモーターがエンジンを始動する際に回す「フライホイール」が大きく重いため、弱ってきた「軽自動車用」のバッテーリーではパワー不足に陥りセルモーターをしっかりと回せない状態が発生します。, バッテリーを大きな強力なものに変更しすると症状は改善しますが、普段の使用ではオーバースペックです。, イグニッションスイッチとセルモーターの間に「リレー」を設置して、セルモーターを動かす電源をバッテリーから直接とることで「カチカチ病」は改善出来ます。, アイドリングが通常の900回転でとどまらず、「1,000回転~2,000回転」当たりを繰り返し安定しない, アイドリングを制御するための装置「ソレノイドバルブ」で不具合が発生している可能性があります。, また、ソレノイドバルブ周辺・エアコンのアイドルアップバルブのパイプの緩みや抜けによりアイドリングが安定しなくなることもあります。, パイプ類が正常な状態でアイドリングが安定しない場合、ソレノイドバルブの故障が濃厚です。, ソレノイドバルブを分解し、きれいに清掃することで改善することもありますが、経験上は一時しのぎで、すぐに再発します。, アイドリング中は問題がないが、ブーストがかかるとエンジンがもたつく、吹ケ上がりが良くない。, 1,インタークーラーのパイプなど、吸気関連のパイプが外れていたり、裂けている可能性があります。吸気側のパイピングを全てチェックしてみて下さい。, 2,点火系の劣化により、正常に火が飛んでいない可能性があります。デストリビューターカバー・プラグコード・プラグのいずれか(または全て)を交換すると治る場合があります。プラグをぬいて汚れの確認を行ってください、また、プラグコードが古い場合はいずれ不具合が発生します、早めの交換するのがベターです。, 4,プレッシャーセンター周りの配管が抜けている、エアが漏れている可能性があります。配管をチェックしてください。, 5,ピストンが一本死んでいる場合があります。エンジンがかかった状態で、一気筒づつプラグコードを抜いたときにエンストが発生する場合、抜いていないピストンのどちらかが仕事をしていない状態です。もしこの状態の場合、死んでいるピストンのプラグやデスビをチェック、原因がピストン本体なのか、電装品なのかチェックして下さい。, 6,エンジン交換後にこの症状が発生した場合、センサーのカプラーのつけ間違いの場合があります。水温センサーと吸気温センサーのカプラーがそれぞれ正常に接続されているかチェックしましょう。, 7,インジェクターが詰まっている場合があります。インジェクタークリーナーで掃除をすると改善する場合があります。, キーをひねって、エンジンを掛けても10秒もせずに止まってしまう。 (jQuery('.switcher .option').is(':visible'))) {jQuery('.switcher .option').stop(true,true).delay(100).slideDown(500);jQuery('.switcher .selected a').toggleClass('open')}}); keyValue[2].split('/')[2] : null;} 一時的には少し固めのオイルに交換することで抑えることが出来る場合もありますが、最終的にはトランスミッションのオーバーホール時期と言えます。, その2の場合、クラッチのレリーズベアリングの寿命が近いと思われます。 アイドリング中に、クラッチ踏んだら、シャーという音がトランスミッションから聞こえる, その1はクラッチがつながっているときの異音(ミッション側)、その2はクラッチがつながっていないときの異音(エンジン駆動部側)です。, その1の場合、トランスミッション内のベアリングから音が出ていると思われます。 ショックアブシーバーをはずして、正常に機能しているか確認しましょう。, 「ナックル」と「ホーシング」の隙間にある「ナックルシール」が劣化し、ナックル内のグリスが漏れ出している可能性があります。, グリーズが完全になくなり、デフオイルが漏れていると、フロントデフギアのオイル量が規定値を大幅に下回るようになり危険な状態となる場合があります。, ナックルからのオイル漏れを確認した場合、まずはフロントデフのオイル量を確認しましょう。, フロントデフの上部のドレンを開いて指を入れてみて、すぐにオイルの感触があれば、まだ軽傷です。, 非常に危険な状態です、急ブレーキをかけた際に、ブレーキが片効きしていると、最悪横転の可能性出てきます。, ブレーキホースラインから、不要な空気を出してやることで、正常に戻ります。手順はマスターシリンダーから一番遠い(リアブレーキ)から作業を行います。2名で行うのがベストです。1名で行う場合、ワンマンブリーダーのような設備を使う必要がありますが、重要部品だけに、2名作業を強く推奨します。, キャリパーの不具合の場合、左右キャリパーを入れ替えて片効きが反対になるかチェックします。入れ替えても同じ方が片効きする場合、ブレーキホースが原因の可能性が高いです。ブレーキホースを新品に交換してチェックして見ましょう, JA11ジムニーで速度を上げて走っていると、フェンダーミラーが風圧に負けてたたまれてしまう。, ボルトを抜いて、ゴムワッシャー(私の場合、M6のシリコンホースを5mmくらいで切ってワッシャー形状にて)を入れてボルトを締めると動きにくくなります。, JA11の樹脂系インテリア(エクステリアも)はほとんどの場合、経年劣化により白けた感じになっている。, ホームセンターから「シリコンスプレー」を買ってきて、吹きかけるだけ、輝きを取り戻せます。, 何らかの振動で、弁の金具からワイヤーが外れて弁の開閉が出来なくなっていることがあります。, 温風が出てこない場合、まずはエンジンルーム内のヒーターのワイヤーが正常接続されているか確認しましょう。, エアコンのスイッチを入れても、ランプはつくが冷風があまり冷たくない。コンプレッサーは動いている, 冷媒ガスが不足して冷却力不足に陥っている、もう一つはエバボレーターに埃などが溜まり、冷却力不足に陥っている場合です。, まずは助手席の足下上部にある「エバボレーターをチェックします。ゴミが溜まっている場合、空気がうまく通過できず、エバボレーター本体が凍り付いたりしている場合があります。また、左側のエア取り込み口からフィンの状態が確認できます。掃除をしたことがないほとんどの車両は、大量の埃が溜まっていると思われます。, 掃除はカバーをはずして、歯ブラシなどで埃を除去し、最後にエアコン洗浄スプレーで清掃します。カバーは大変はずしにくく、格子をニッパーで切り取ってしまう猛者もいます。, エバポレーターが正常に動いているにもかかわらず、冷えが悪く、コンプレッサーが正常に動いているけど、エアコンが効かない場合、触媒ガスが抜けて冷却性能が落ちていると思われます。, 新ガスの場合(R134a)自動車整備工場やオートバックス・イエローハット等でガスの重点は可能です(JA11の場合、3型の途中~5型まで), 旧ガス(R12)の場合、先に電話をして取り扱いがあるか確認が必要です。(JA11の場合1型~3型の途中), 正常にエアコンのシステムに電気が通電しておらず、エアコンが動いていない状態と思われます。, エアコンのスイッチのランプが転送しない場合、まずは「内気循環」になっているか確認します。JA11は「外気循環」の時はエアコンは動きません。, 内気循環にしても、通電しない場合、「ヒューズが切れている」「スイッチが壊れている」「エアコンアンプが壊れている」等が考えられます。, ヒューズはエンジンルーム内右タイヤの上のリレーの配線内にあります。まずはチェックしましょう。, ヒョーズが正常な場合、「コンプレッサー」や「コンデンサーのファン」が動くかチェックします。コンデンサーバーファンが動いているのにコンプレッサーが回っていない場合、コンプレッサーが故障している可能性があります。エンジンを止めた状態で、コンプレッサーにバッテリーからラインを直結し、電磁クラッチが動くかチェックします。動かない場合、コンプレッサーが故障しています。, コンプレッサーに直結すると、電磁クラッチは動くのに、コンデンサーのファンも動いていない場合、配線に電源が来ているかチェックします。, 車内のエアコンのスイッチに通電していない場合、「エアコンアップ」の故障の可能性が高いです。アッセンブリで交換になります。, JA11ジムニーの代表的な症状の一つです。 ボルトは長く、抜くことはこんなんなので、ナットを外した穴からカラーの中にモリブデングリスを押し込むように注入します。, ナットを締めた後、何度かペダルを踏んでグリスをなじませると音が消えますのでお試しあれ~, 何らかのセンサー、もしくは配線に異常が発生している状態です。まずはダイアグコネクターをつかい、不要箇所の特定を行います。, ダイアグコネクターはエンジンルーム内のバッテリーの後ろあたりにあり、通常はゴムのカバーがされています。, エンジンOFFの状態で、ゴムカバーを外し、ロック部を上にして右上と左下を短絡させます。, エンジンをONにすると、警告灯が点滅し、1秒消灯ののち、再び点滅します。この点滅の回数によって不要箇所をある程度特定することができます。. [wpp stats_views=0 range='last30days' limit=10 thumbnail_width=100 thumbnail_height=100]. 作業手順は、アクセスペダル右側にある、ボルトをM10のメガネレンチ等で固定し、クラッチ側のナットを外します。 交換は、エンジン前の各ギアカバーをはずし、タイミングベルトカムギア(スプロケット)をはずし、ウオーターポンプを交換する必要があります。, 自分でも交換は可能ですが、自信がない場合は修理工場に依頼した方がいいかもしれません。, アクセルを踏み込むと3000回転~4000回転くらいでブーストがかかり、ぐっと加速します。, ブースト計がついている場合は、その基準で、ついていない場合は感覚ですが、遅くなった、パワー不足を感じるなどの場合、タービン周辺で不具合が発生している可能性があります。, ブーストはかかるけど、少ししかかからない場合、タービン本体ではなく、周りのパイプが破れていたり、抜けていたり、接合部が緩くなって、排気漏れを起こしている可能性があります。, その1 function doGTranslate(lang_pair){if(lang_pair.value)lang_pair=lang_pair.value;if(lang_pair=='')return;var lang=lang_pair.split('|')[1];if(GTranslateGetCurrentLang() == null && lang == lang_pair.split('|')[0])return;var teCombo;var sel=document.getElementsByTagName('select');for(var i=0;i
くま みね 性別 6, Premiere Pro メモリ不足 10, Nba2k20 マイキャリア 優勝 19, Dell 登録 必要か 26, 塩 呪い 2ch 16, Outlook ハイパーリンク 開かない 見つかりません 21, Scan Guru 評価 24,