ナタリー・ポートマンの最新の映画は「アナイアレイション」2018年公開の米英合作のSF映画です。 出典:goo.gl/CNK45a この作品は映画の批評家に内容が絶賛されています。 かなり複雑に作り込まれた作品で、 映画マニア向け作品とも言われています。 見た人の感想の中には、難解で理解できなかったという意見もあります。 上級者向けかもしれませんね。 Netflixで見る事ができます。 出典:goo.gl/p71iyy ナタリー・ポートマン若い頃~現在の代表作. レオンはマチルダに戦術の初歩を伝授し、マチルダは家事全般を請け負う傍ら、学がないレオンに読み書きを伝授することになった。 奇妙な同居生活を始めた二人は、やがて互いに心の安らぎを見出すようになり、複雑な感情と信頼を抱いていく。 映画『LEON(レオン)』についてのまとめサイトです。寡黙で中身がピュアなレオンと12歳とは思えないほど大人びた内面性を持っている少女、マチルダの二人の異質な愛を描いたストーリー展開が好きです。あらすじやキャストや登場人物の人物像など、初めて見る人にもわかりやすいようにまとめています。. だからこそ未だに多くの解釈や議論が生まれる事で、作品を楽しむ余地が生まれ、新鮮な映画であり続けることができるのではないでしょうか。, 「マチルダ」というキャラクターは、数多くの名作ヒロインの中でも特に際立った人気を誇る女性です。それは2020年の現在でも衰えず、彼女のファッションアイコンとしての影響や、マチルダがモチーフになったイラストが描かれたグッズが人気になったりと、時代を超えて愛されています。, ファッショナブルな衣装や子役としてのキュートな部分はもちろんですが、その12歳とは思えない大人な部分と、あどけない少女としての表情。この二面性が私たちを驚かせ、時にキュンとさせながら、映画「レオン」を単なる殺し屋映画の枠にハマらない名作映画に仕上げているという点にあるでしょう。, マチルダは、ある時は大人顔負けの機転でレオンを救ったかと思えば、ある時は変装ゲームで彼を悩ませたりします。, 復讐の為殺し屋を目指す彼女も、本当は純粋な女の子なんだと思うと、急に愛おしく思えてくるのです。, そんな複雑な演技を見事にこなした女優ナタリー・ポートマンは、やはり真の天才と言えるでしょう。, 今ではベテラン女優のイメージが強い彼女は当時なんと13歳。デビューも同年で、映画レオンによって一躍スターの道を駆け上がっていくことになります。彼女だからこそ、マチルダという繊細な役を完璧にこなすことができたと言えるでしょう。. 映画は彼女が寄宿舎の庭に形見の観葉植物を植えたところで幕を閉じます。 映画「レオン」は、1994年公開のフランス・アメリカ合作映画であり、90年代を代表する名作映画のひとつです。, イタリア系移民の殺し屋をジャン・レノ、自身が唯一心を許す弟を殺され、復讐を誓う少女マチルダをナタリー・ポートマンがそれぞれ演じ、その演技や二人の独特かつ繊細な関係を描いたストーリーは、その後あまりに多くの映画やドラマに影響を与え、映画史に残る作品となりました。, 特にほぼデビュー作であるナタリー・ポートマンが演じたマチルダは公開当初から大きな話題になり、そのヘアスタイル(いわゆるマチルダボブ)や首元のチョーカー、大ぶりなMA-1などは定期的にトレンドになり、公開から20年以上経ったその後も様々な映画・ファッションに影響を与え続けています。, マチルダちゃん見たくて久々にLEON♥ pic.twitter.com/CyCdzJFdoQ, 人々を魅了し続けるマチルダが、その後どんな人生を歩むことになったのか、気になる人も多いのではないでしょうか。, 次なに観るかも忘れちまった pic.twitter.com/xtQPWvhY0I, — 25-TY-I-L-NA (@dirrty_1102) September 21, 2020, 映画のラストでは、宿敵スタンスフィールドとの死闘の末レオンは彼と相討ちを果たし、悲しみにくれたマチルダはレオンの雇い主であるトニーのもとを訪れます。 映画公開当時、マチルダの弟マイケルがベッドの下から出て逃げる際に、犯人たちから壁越しに背中から撃ち抜かれる射殺シーンがあった。現在はカットされている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=レオン_(映画)&oldid=79898753, この項目では、1994年の映画について説明しています。2018年の映画については「. ジャン=ユーグ・アングラードが、完全版のみに麻薬の売人役でカメオ出演している。 1994年に公開された映画「レオン」。殺し屋と少女の二人の人生を見事に描いたリュック・ベッソンの代表作です。今回は「レオン」に登場する「マチルダ」の魅力やその後と現在、ファッションや続編について徹底調査していきたいと思います。ネタバレ注意です。, レオンは1994年に制作された映画であり、殺し屋と少女の奇妙で純粋な絆を描いた不朽の名作です。主人公はジャン・レノが演じていますが、当時ジョン・レノンと勘違いした人もいるのではないでしょうか?, 制作から25年たった今も色あせることない名作として有名なレオンですが、特に主人公の殺し屋に助けられる少女「マチルダ」がファンの中で絶大な人気を誇っています。, マチルダ役を演じたのはナタリー・ポートマンです。今では誰もが知る超有名ハリウッド女優ですが、彼女のデビュー作こそこのレオンであり、マチルダなのです。, なお、マチルダを演じた当時彼女は13歳でした。13歳でかつデビュー作であるにもかかわらず、実に堂々とした演技です。当時からナタリー・ポートマンはその才能を如何なく発揮していました。, 劇場未公開分の22分を加えた「レオン完全版」が存在します。こちらではレオンの過去やマチルダへの具体的な暗殺指南などが追加で描かれています。, 当初はこちらが劇場公開版でしたが、一部の観衆から「過激、不適切だ」という指摘を受け、泣く泣く該当シーンをカットした上で公開版としたそうです。, 完全版ではマチルダからレオンに対しての愛が描かれています。レオンはマチルダが子供であることもありその気持ちに答えていませんでしたが、最後には大人の恋愛をしていることがわかるのです。, ちなみに完全版ではマチルダが酒を飲んで大爆笑するシーンが収録されていますが、あまりに心から笑っているので「本当にアルコールを飲んで撮影している」説が出回りました。, 予想を上回る反響をみせたため、リュック・ベッソン監督はマチルダのその後を描いた続編の制作を考案していたという噂があります。ナタリー・ポートマンも草稿を見せていたそうです。, 2005年の時点でマチルダのその後を描いた「レオン」の続編案が実際に存在しました。脚本執筆まで話は進んでいたそうですが、監督の独立とともに話は頓挫してしまいました。, ですが、実はマチルダを演じたナタリーポートマンは、「レオン」の続編を望んでいなかったそうです。マチルダを演じた経験に関しては、ポジティブな印象気持ちでいるようですが、, 「現代の世相とマッチしない、褒められる作品になると思えない」という気持ちから、続編を望んでいないようです。, 続編案がなくなったことに対して、現在でもなぜ頓挫してしまったのかファンの間では疑問の声とともに、その理由を様々な観点から予想しています。, ファンからはこのような理由なのでは?と言われています。今でも理由を探していることから、映画から25年たった今でも続編を望まれていることがよくわかります。, 2012年に公開された「コロンビアーナ」では、『「ニキータ」「レオン」伝説には続きがあった』との煽り文句が。しかしこれは「レオンイズムを引き継ぐ」という意味で本当の意味での続編ではありません。, 主人公の女性は「カトレア」です。しかし、幼いころに両親をマフィアに殺され復讐を誓うというのはマチルダと設定がかぶっています。そのため、カトレアをマチルダと重ねて楽しむことができるのです。, リュック・ベッソン監督に強く悲しい女性を表現させると右に出るものはいない、という声も挙がっています。, 元々「ニキータ(90年公開)」に登場する掃除人を主人公にして膨らませた映画が、「レオン(94公開)」でした。, 当時監督が制作したかった『フィフス・エレメント(94年公開)』の資金繰りのために、「レオン」生まれたのです。, そして「レオン」が大きな人気を得たため、続編案も誕生。脚本執筆の話が出るも、ベッソン監督が独立、その状況下の中で続編製作は頓挫。アイディアのみが「コロンビアーナ」に使われているそうです。, 続編案はあったものの、実際に描かれることがなかったマチルダのその後。ネット上ではマチルダのその後について様々な予想がされています。, 「レオン」の最後でレオン(ジャン・レノ)は死んでしまいます。そしてマチルダは孤児院に預けられることになりました。ただ彼女はレオンと別れた後「わたしも殺し屋になりたい」と言っています。, これについては殺し屋になった、なっていない論争が繰り広げられていますが、圧倒的に殺し屋にならなかったという考えを持っている人が多いようです。, それはレオンがマチルダに対し、殺し屋になることを望んでいないからです。これは「根を張って暮らしたい」という言葉と行動から想像できるでしょう。マチルダはきっとレオンの気持ちを一番に大切にするのではないでしょうか。, レオンで鮮烈なデビューを果たしたナタリー・ポートマンは、その後も数々の映画に出演しています。主な作品としてはスター・ウォーズ、ブラックスワン、クローサーなどが挙げられます。, またプライベートでは、ブラック・スワンで共演した振付師と結婚し、現在2人の子供を設けています。あのマチルダがもう母親になっているとは、当時レオンを見ていた人にとっては感慨深いですね。, ナタリー・ポートマンはマチルダ役で華々しいデビューを果たし、後にアカデミー主演女優賞も獲得するほどの大女優へと成長しますが、彼女のすごいところはそれだけではありません。, 何と彼女は世界でも有数の難関大学であるハーバード大学を卒業しています。しかも在学期間中はスター・ウォーズの撮影時期とかぶっていたにも関わらずです。, また、彼女はその後もヘブライ大学で中東問題を学び、様々な支援活動を行っています。完璧な美貌ととてつもない能力、そして行動力。多くの女優は彼女を尊敬し、目指すべき目標としています。, ではなぜマチルダはここまで愛されるキャラとなったのでしょうか?当然ナタリー・ポートマンが魅力的だから、というのも大きな要因ですが、マチルダという役どころもその一端を担っています。, 親、姉に常日頃から虐待を受け徐々に心を閉ざしていきます。しかし、マチルダはまだ12歳。こうした背景から、冷めた大人の一面と子供らしいあどけなさの両面を持つ非常に危うい少女として描かれています。, 「最高のゲーム」そうマチルダがレオンに持ちかけ、彼女が家にあるものを使い有名人に変装・それをレオンが当てるというゲームをしました。変装し完成した姿は大人びているのに、その楽しそうな姿は子供のよう。, 初仕事を終えた後、レストランでお酒を一気飲みし笑上戸になる姿も、レオンは戸惑う様子を見せていますが、彼女から目が離せなくなります。, このような非常に難しい役どころを完璧に演じきったナタリー・ポートマン。彼女がマチルダ役を演じたからこそここまで皆に愛されるキャラとなったのでしょう。, また、彼女のルックスも高い人気を誇る理由の一つです。服やブーツなどのファッションは女性からも非常に評価されており、未だにマチルダファッションをマネするマチルダ女子が多く存在します。, また、当時の彼女の髪形は「マチルダボブ」と呼ばれており、ヘアースタイルの一つとして完全に定着しています。, ここでレオンのあらすじを簡単にご紹介します。一流の殺し屋であるレオンは仕事のために住み始めたアパートで隣に住むマチルダと知り合うこととなります。, ところがその後、マチルダの父がマフィアの麻薬をくすねていたことがばれてしまい、一家全員がマフィアに殺されてしまいます。この時マチルダは買い物に出かけており家にいませんでした。, 家に入ろうとした彼女は異常に気付き、レオンにかくまって欲しいとお願いします。ここから殺し屋と少女の奇妙な同棲生活が始まります。, マチルダに関しては様々なグッズが制作・販売されています。ここではそれらグッズの一部について紹介したいと思います。, これらのグッズを購入し、より近くでレオンを感じてみてはいかがでしょうか?(販売終了している可能性がありますのでご注意ください), iphoneケースのマチルダ仕様です。こちらの商品ではかわいらしくデフォルメされています。また、マチルダだけではなくレオンバージョンも存在します。, ただ、このレオンだと殺し屋というよりは気のいいオジサンという感じ。任務遂行は難しそうです。, こちらはスウェットです。レオンとマチルダが並んで歩いているシーンを切り取って描かれています。線で描写されているのが何とも物憂げで映画の世界観が表現されていますね。, レオングッズではパーカーも販売されています。全体に写真がプリントされているため、このパーカーを着て街に出れば一目でレオンファンであることを分かってもらえるかと思います。, こちらはトートバッグですね。デザインはスウェットと同じものです。スウェットとおそろいでコーディネートするとおしゃれかもしれませんね。, こちらはおどろおどろしいMADな細密画を得意としているイギリス人アーティストGodmachine が作成したアート(ポスター)です。, 非常にスタイリッシュな作品に仕上がっていますので、レオンファンでなくとも思わずほしくなってしまう1枚でしょう。, 皆様いかがでしたでしょうか?今回はマチルダについて詳しくご紹介しました。未だに多くのファンを持つ不朽の名作レオン。見たことがある人もない人も見てみたいと感じたのではないでしょうか?, そんなマチルダを熱演したナタリー・ポートマンも既に30代後半であり、2児の母となっています。今後も大人の魅力前回な彼女の活躍に期待したいですね。. 社会で働き始めて分かった人間関係の疲れ→5社経験するも、人間関係の悩みは避けられない事を認識→なるべく1人でもできて楽しめる仕事としてライター始めました。得意ジャンルは、映画、恋愛。好きな事で場所を選ばす生きていく為に、まずは2020年中に5万円を目指しています!, https://twitter.com/agula_yami/status/1309137224722677769, https://twitter.com/ryuu_kaku3/status/1307037040093978625, https://twitter.com/KazuakiSakapi/status/997949856210604032, https://twitter.com/HitogataX/status/556057043203653632, 出演者:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン、ダニー・アイエロ、マイケル・マダルコ etc. 14,5年ほど前ですが、しきりにレオンの続編映画についてメディアで取り上げられた時期がありました。 ちょうどその頃、ナタリー・ポートマンがスターウォーズエピソード3関係でメディアに顔を出すことが多く、その際に報道陣からレオンの続編についての質問が出たため噂されていました。 結果的には、マチルダのその後を描いたような『LEON』の続編は出ませんでした。 しかし、ナタリー・ポートマンはもしリュック・ベ… その後、レオンは何とかマチルダを救いだす事に成功しますが、ピンチは続きます。 このままでは二人とも殺されると思ったレオンは、ある決断をします。悲しくもあり、マチルダの幸せも考えた決断になります。 『レオン』を観た筆者の感想を紹介! 人々を魅了し続けるマチルダが、その後どんな人生を歩むことになったのか、気になる人も多いのではないでしょうか。 レオンの跡を継いで殺し屋になったのか?それとも全く別の生き方を選んだのか? 1994年映画『レオン』 1995年映画『ヒート』 映画「レオン」この映画を知るきっかけとなったのは、小学生の高学年の頃だったかと思います。, あまりにも有名なこの映画は当時兄の影響でVHSで録画された物を視聴してたと記憶しています。, 子供の頃から殺し屋として育て上げられ、読み書きもできない孤独なおっさん。唯一心の拠り所が鉢植えで育てている植物をお手入れすること。, 隣人のマチルダに牛乳のお使いを頼んでいたおっさんは家庭内で虐待されていたことを見ぬいていた。, マチルダの親父が、ヤクの横流しをしていたのをボスが気づいて、報復されて一家は惨殺される。たまたま、牛乳のお使いに出ていたマチルダは機転を効かして、殺し屋のオッサンに助けを求め難を逃れる。, その後、弟の復讐の為に、殺し屋として弟子入りを志願し、オッサンに、読み書きを教えるという奇妙な師弟関係が生まれる。, その後、独自のルートでボスは殺し屋のオッサンの裏切りに気付き、マチルダを誘拐し報復しようとする。, 怒ったオッサンはマチルダを助けるべく、単身突っ込むが、マチルダを、なんとか逃し自分はボスと共に自爆する。, ゲイリーオールドマン(スタンスフィールド役)の、歯でヤクを「プチッ!」っと噛みきった後の演技が絶妙過ぎます。, オッサンは狼少年のような育ち方をしている分、対人コミュニケーションがなく、その心は少年のようなピュアな部分を持ち合わせてます。, そんな中で、初めての異性との生活はピュアなオッサンにとっては初恋のような感覚だったんではないでしょうか?, けして、レオンが幼女趣味があるとかではなく、レオン自身の精神年齢とマチルダの精神年齢が近かった事が起因してる為に、作品を通してイヤらしさが全くありません。, マチルダは最後にあの鉢植えを屋外に地植えしましたけど、残念ながらニューヨークの気候では冬には枯れてしまうんです。, この「アグラオネマ」、花言葉は「青春の輝き」、タイでは「飾ると幸せを呼びこむことができる」という言い伝えがあるそうです。, 人生において、その時だけしか体験出来ない(恐らく精神年齢の低さが重要なファクターになっている)ものですからね。, terajinさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

メルカリ 悪い評価 仕返し, Vba 行挿入 繰り返し, 北海道 3月 服装, ボストンバッグ おしゃれ メンズ, オンライン授業 メリット 小学校, Sdカード パーティション 削除 Windows10, グラブル 生放送 夏 2020, パワーディレクター テロップ ベース, スマホ 動かない 真っ暗, 浴衣 手作り キット,