フィギュアスケート選手. 最新場所である令和2年11月場所の番付はもちろん、過去6場所分の成績を確認することができます。, また、表の内容はボタンによって切り替えることができ、通算成績や力士の基礎情報などもシームレスに知るこができます。, 最新場所については日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もご覧頂けます。場所中は日々更新していきますので、観戦のお供にぜひご活用ください。, 他の出身地の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。相撲部屋毎の番付・成績は部屋別目次からどうぞ。, 相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?, この他にも宮城出身の過去から現在までの主な関取たちををまとめた記事もありますので併せてご覧ください。, ※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。 No reproduction or republication without written permission. ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. 陸奥国宮城郡霞目村(仙台市)の農夫出身。本名金子与四郎。白石藩にかかえられて相撲の修業をした。明和6(1769)年大関(看板大関)付け出し。この人の前に谷風を名のる力士が12人いたが,この谷風があらわれてからは,谷風といえば仙台の谷風をさす。 テキスト力士情報. 真砂石 浜五郎(まさごいわ はまごろう、1891年5月15日 - 1918年4月6日[1])は、宮城県仙台市出身の元大相撲力士。本名は千葉 長七(ちば ちょうしち)(旧姓:遠藤)。, 1891年5月15日に宮城県仙台市で生まれる。尾車部屋に入門して1908年1月場所で初土俵を踏むと、1913年5月場所で新十両昇進、1914年5月場所で新入幕を果たした。この間に峰崎部屋へ移籍しているが、詳細時期は不明である。1917年5月場所で小結に昇進するも大敗し、一場所で陥落してしまう。1918年1月場所で勝ち越したことで一場所での三役復帰が濃厚だったが、その後に参加した台湾巡業中に大腸破裂を起こし急死した。26歳没[2]。死因について、当時日本本土ではまだ本格的に流行していなかったスペインかぜによるものという説もあり[3]、速水融はスペインかぜであった可能性を指摘している。因みに、台湾日日新聞6月20日付では「不思議な熱病現はる 伝染性流行と為せり」と報じられていた。日本に戻った力士達は免疫を得たのか大事には至らなかったが、1918年の秋には各地で感染が爆発し、整備が進む鉄道網に乗って全国へと拡大していった[4]。, http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19140503.htm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=真砂石浜五郎&oldid=79030913. 宮城県出身(宮城県生まれ)の有名人・芸能人・歌手・声優等の一覧 みんなのふるさとは、有名人・芸能人・著名人・タレント・歌手・声優・漫画家・スポーツ選手・小説家等を出身地別に掲載してます … (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); © 2017 - 2020 大相撲のはてなに効く!観戦ガイド All rights reserved. 宮城県出身の現役力士一覧!宮城出身力士の番付や星取表、成績など基礎情報がまとめて分かる。さらに各力士の詳細プロフィール付き。最新場所と過去6場所の成績も一挙公開。宮城県出身力士の本場所15日間を応援するのに最適な力士データ満載です。 1 馬車や農機などの車輪が動かないよう、所定の穴に指して固定するピン。2 (比喩的に)物事の要(かなめ)。... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 今野泰幸 真砂石 浜五郎(まさごいわ はまごろう、1891年5月15日 - 1918年4月6日)は、宮城県仙台市出身の元大相撲力士。本名は千葉 長七(ちば ちょうしち)(旧姓:遠藤)。 5月15日生まれの人 1891年生まれの人 宮城県出身の1891年生まれの人 : 168: 相沢三郎: Wikipedia 出身地:宮城県仙台市(生まれは東京都品川区) 生年月日:1981年12月29日. 谷風 梶之助(たにかぜ かじのすけ、1750年(寛延3年)9月8日(旧暦8月8日) - 1795年(寛政7年)2月27日(旧暦1月9日))は、陸奥国宮城郡霞目村(現:宮城県仙台市若林区霞目)出身の元大相撲力士。本名は金子 与四郎(かねこ よしろう)。, 江戸時代に活躍し、大相撲史上屈指の強豪[1]とされる。また、力量・人格の面において、後の横綱の模範とされたが現役中に死去した。この項で扱う谷風は二代目だが、後年の文献などから「初代」と扱われる場合も少なくない[2]。初代は元禄時代の大関で「讃岐の谷風」と称されていたが、これに対して本項目で記す谷風は「仙臺(仙台)の谷風」と称されていた。, 1750年(寛延3年)9月8日(旧暦8月8日)に陸奥国宮城郡霞目村(現:宮城県仙台市若林区霞目)で豪農の一家に長男として生まれる。先祖が長期に渡って国分家の家臣として流鏑馬の矢取りを務めており、苗字帯刀を許されていたという。7歳の時、隣家の主人だった東兵衛から「あの俵を運べたらそれをやろう」と言われて玄米の五斗俵を持って運ぶと、幼いながらもその怪力に驚いた東兵衛はすぐに謝罪し、その場にあった饅頭と取り替えた。入門前には白川の酒造家に奉公していたが、通常は7人程度でようやく持ち上げられる酒を搾る締め木の天秤石をたった一人で持ち上げたと伝わる。, 1768年(明和5年)に力士となり、「秀の山」と四股名を名乗った。1769年(明和6年)4月場所には伊達関 森右エ門(だてがせき もりえもん[1]と改名し、看板大関として初土俵を踏む。「伊達関」の四股名は仙台藩の伊達氏より下賜されたものだが、翌場所から伊達の姓を憚り、達ヶ関と改名した(読みは「だてがせき」のまま)。1770年(明和7年)11月場所に前頭筆頭から再スタートを切ると徐々に地力を増し、1776年(安永5年)10月場所に2代目「谷風 梶之助」と改名、1781年(天明元年)3月場所後に大関へ昇進する。1784年(天明4年)には江戸相撲の浦風与八に見出され、江戸に来ていた雷電爲右エ門を預り弟子として鍛え上げたほか、小野川喜三郎や雷電とともに、最初の黄金時代を築いた。後述する横綱制度や結びの一番終了後に執り行われる「弓取式」など、現在も残る相撲界の仕来りの多くがこの時代に作られた。, 1778年(安永7年)3月場所初日から1782年(天明2年)2月場所7日目まで、分・預・休を挟みながら江戸本場所で土着かずの63連勝(止めたのは小野川喜三郎)、さらにその後も43連勝を記録した。この63連勝は、約150年後に双葉山定次が69連勝を達成するまで最多連勝記録だった[注 3]が、この63連勝は江戸本場所だけの連勝記録で、京都本場所・大坂本場所の成績も含めた場合は、1782年(天明2年)2月場所8日目から1786年(天明6年)11月場所3日目まで98連勝を達成していることになる[4][5]。, 幕末までは江戸・京都・大坂のレベルはそれほど差が無く、さらに江戸~京都~大坂間の力士の往来と各場所の交流は自由だったものの、一般的に言う谷風の連勝記録は「江戸本場所の63連勝」を指す。しかし、江戸・京都・大坂まで含めた98連勝は2019年現在でも最多記録で未だに破られていない。なお、この98連勝には途中に「5分5預3無(無勝負)」を含んでいるため、双葉山のように完全に白星を重ねた連勝ではない。「分・預でも連勝は中断される」とする解釈であれば、この時期の谷風の連勝は23に留まる[6]が、江戸時代には現在のような取り直し制度が無く、双葉山が江戸時代の力士であれば両國梶之助(瓊ノ浦)戦での物言いや、玉錦三右エ門戦での水入りが分・預になっていた可能性があり、69連勝も中断していたこととなる。それでも谷風は、江戸・京都・大坂を通じて80連勝以上を二度記録しており、連勝については他の追随を許さない圧倒的な記録を保持している[7]。なお、小野川との対戦で勝利していれば、江戸・京都・大坂を通じて183連勝を達成していることとなる。, 1789年(寛政元年)11月19日[8]、小野川喜三郎と共に吉田司家から最初の横綱免許を授与された。これが事実上の横綱制度発祥とする見方が定説で、当時の錦絵には市川團十郎などの歌舞伎役者や当時の美女などと共に谷風が描かれている[9]。1791年(寛政3年)6月11日には徳川家斉の上覧相撲で小野川との取組を行い、この時に将軍家から賜った弓を手に、土俵上で舞ってみせたのが現在の弓取式の始まりとされる。, 1795年(寛政7年)1月9日、江戸全域で猛威を奮ったインフルエンザによって、35連勝で現役のまま没した。44歳没。このことから風邪を「タニカゼ」と呼ぶようになったと伝えられているが、正しくは、谷風が生前に「土俵上でわしを倒すことは出来ない。倒れているところを見たいのなら、わしが風邪にかかった時に来い」と語った頃に流行っていた流感を「タニカゼ」と呼んだものである。死因となった流感は「御猪狩風」と呼ばれたが、後に「タニカゼ」と混同されるようになった。, 谷風の没後、出身地である宮城県仙台市では昔から俚謡で「わしが国さで見せたいものは、むかしゃ谷風、いま伊達模様」と謡われ、現在でも伝わっている[5][1][10]。谷風の墓は1928年(昭和3年)に参道設置や周辺整備が行われたが、大日本帝国陸軍飛行学校の仙台飛行場(現:陸上自衛隊霞目駐屯地)の拡張に伴い、1942年(昭和17年)に仙台市若林区霞目へ移転した。2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災で墓石が大きく動いたが、幸いにも背後の木に支えられて倒壊を免れた[11]。なお、墓の東方には「霞目字谷風」という地名が残るほか、仙台駅西口には「谷風通[12]」との愛称が付けられた道路がある[13]。, 仙台市青葉区の勾当台公園には、谷風像が設置されている(地図)。新横綱が誕生してから最初に行われる仙台巡業の際には、この谷風像の前で新横綱による土俵入りを奉納するのが恒例となっている[14]。, 横綱としての力量だけでなく、人間的にも立派で品格抜群である[15][1]ために、谷風は歴代横綱の第一人者と称され、実質的な初代横綱として模範とされる大横綱である[15][10]。天下無双の大横綱に相応しい実績から、四股名「谷風」は2019年現在においても「止め名」とされており、1901年(明治34年)1月場所終了後に大砲万右エ門が横綱に昇進する際に周囲から襲名を勧められたが、「笑い者になりたくない」と言って固辞したという。, 全盛期の体格は身長189cm・体重169kgのあんこ型で、足袋の中には白米が一升五合入ったと言われる。また、谷風の末裔の家に保管されている大腿骨は約48cmあり[16]、大腿骨は法医学的には身長の1/4ほどと言われているが、4倍すると192cmとなり、言い伝えられている身長が決して誇張ではない(むしろ低く見積もっている)ことを示す証拠となっている。なお、谷風のものと伝えられている手形を記載した江戸時代の書物(復刻本)も存在する[17]。, 実力、品格の反面、晩年は大変気難しい部分もあったとされており、1790年(寛政2年)に入った頃には15歳程度だった妾が取り成さないと稽古場にも現れなかったという事実が数々の古典や文献に記されている。三木貞一の随筆によれば、ある時、既に横綱免許を授与されていた谷風は弟子のことで「殴り殺してやる」と言い放つほど激高しており、他の多くの弟子が揃って詫びを入れても聞き入れず、それどころかますます腹を立てていたところに、弟子の一人が当時17歳だった谷風の妾を呼び、自室に籠ったまま出てこない谷風を宥めたことであっさり事が収まったとされている[18][2]。, 江戸本場所における通算成績は、49場所で258勝14敗16分16預5無112休、勝率.949である。優勝相当成績は21回を数え、現在の年6場所制で大横綱とよばれる貴乃花光司(優勝22回)、北の湖敏満(優勝24回)などに比肩する優勝回数を、現在の3分の1しかない年2場所制で達成した計算となる。また、江戸本場所で優勝20回以上、50連勝以上、通算勝率9割以上を達成したのは、大相撲の長い歴史の中で谷風だけである。, Sports Graphiv Number PLUS April 2017(文藝春秋、2017年4月10日)p60-62, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=谷風梶之助_(2代)&oldid=80076063. 出身地:宮城県仙台市 生年月日:2004年2月6日. 出身地:宮城県仙台市 生年月日:1982年3月24日. 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報, 江戸時代の強豪力士。寛延(かんえん)3年、仙台市若林区霞目に生まれる。幼名与四郎。生家は代々金子弥右衛門と名のった。谷風は江戸力士関ノ戸億右衛門(のち2代伊勢ノ海(いせのうみ))の仙台巡業中にみいだされ、1769年(明和6)19歳のとき江戸深川八幡(はちまん)興行に、巨体のため当時の風習である看板大関として初土俵を踏み、以後、95年(寛政7)45歳で現役中に帰郷してかぜのため病死するまで27年間、江戸、大坂、京都の大場所を70場所勤め、負けはわずか20回で三都に天下無敵の名をとどろかした。仙台伊達(だて)家の抱え力士で、89年好敵手小野川とともに初めて横綱土俵入り免許を受け、現在は4代目横綱に数えられている(3代目までは架空)。身長189センチメートル、体重169キログラムのあんこ型巨人で、7場所連続無敗の記録が2回あり、多くの錦絵(にしきえ)肖像画が残されている。, 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例, …大坂相撲から1779年(安永8)江戸へ出て二段目筆頭(いまの十両)に付け出される。久留米有馬侯に召し抱えられ,当時8場所土つかずの谷風梶之助を破り,〈谷風は負けた負けたと小野川や かつをよりねの言いとり沙汰〉と蜀山人の狂歌で大評判となった。この時期,勧進相撲は黄金時代を迎え,徳川将軍上覧相撲にそなえ,89年(寛政1)谷風とともに前例のない横綱土俵入り免許を受けて観客の目を見張らせた。…, …講談。4代横綱谷風とその弟子雷電および小野川の3名の力士を中心に,佐野山の孝心,稲川の義俠などを描く。なかでも谷風の七善根,雷電の封じ手,小野川雷電遺恨相撲などがおもしろい。小田原の仇討相撲は一席物として今日でもよく演じられる。これを語って有名な真竜斎貞水(しんりゆうさいていすい)(のちに早川貞水,1917没)は国技館木戸御免であったし,貞鏡時代の1896年に《寛政力士伝》を刊行した。【吉沢 英明】…, …横綱に関する古文書は少なく,1773年(安永2)に行司式守五太夫の書いた伝書によると,その起源は,城や屋敷を建てるときの地鎮祭に大関2人を招き,おはらいの地踏みを行ったが,その儀式免許を京都五条家が〈横綱之伝〉を許すといったことから始まったとされる。これを職業相撲の興行の土俵に移したのが吉田司(よしだつかさ)家で,89年(寛政1)11月場所中に,初めて谷風梶之助,小野川喜三郎の両関脇(実力大関)に,〈横綱〉というしめ縄を腰にまとって土俵入りする免許を与えた。当時,横綱は腰にまとったしめ縄をさすのみで,もちろん番付には関係がなく,また大関の称号でもなかった。…. 大友愛. 宮城県出身の芸能人、有名人を227人収録。都道府県別からさらに年代別、職業で絞れます。宮城県で生まれたり幼少期を過ごした芸能人には宮城県仙台市出身で卓球選手の福原愛や宮城県多賀城市出身でモデルの千葉雄大などがいます。 仙台を舞台にした小説『青葉繁れる』執筆。) 内館牧子(秋田県出身。東北大学大学院卒業。卒業後も東北大学相撲部監督として仙台にやって来ることがある。) 大竹しのぶ(東京都出身。教員だった父の章雄が塩竈市出身、母のゑすてるが仙台市出身。 テキスト力士情報. 仙台 (せんだい) 最高位: 幕下 6: 本名: 栄田 幸弘: 生年月日: 昭和17年3月10日: 出身地: 宮城県仙台市: 没年月日: 平成29年11月4日(75歳) 所属部屋: 湊川 → 二所ノ関: 改名歴: 栄田 → 栄岩 → 仙台: ※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。. 佐藤駿. 宮城出身の過去から現在までの主な力士を紹介する宮城県の大相撲力士まとめ!この記事では宮城県出身の主な関取をメインに取り上げます。過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介。 江戸後期の力士。第四代横綱。陸奥の人。二〇歳で江戸本場所に初登場。四〇歳で横綱となる。身長六尺二寸五分(約一八九センチメートル)体重四三貫(約一六一キログラム)の大型力士で、安永七年(. 青葉山 徳雄(あおばやま のりお、1913年 2月4日 - 1972年 3月1日)は大相撲の力士である。 現在の宮城県 仙台市 青葉区出身、陣幕部屋所属。 本名は阿部 徳雄(あべ のりお)。最高位は西前頭4枚目。 得意手は右四つ、寄り。現役時代の体格は173cm、112kg。 元女子バレーボール選手、日本代表. 青葉山 徳雄(あおばやま のりお、1913年2月4日 - 1972年3月1日)は大相撲の力士である。現在の宮城県仙台市青葉区出身、陣幕部屋所属。本名は阿部 徳雄(あべ のりお)。最高位は西前頭4枚目。得意手は右四つ、寄り。現役時代の体格は173cm、112kg。, 大坂相撲で大関だった12代陣幕に弟子入りし、1929年1月場所に初土俵を踏んだ。がっぷり四つに組まないと力が出ないタイプで、勝ち身も遅く、じっくりした相撲ぶりだったという。それでも1934年5月場所に幕下で11戦全勝優勝をとげて、翌1935年1月場所に十両昇進してからは注目も浴び、1937年5月場所に新入幕を果たした。, 当時は系統別総当たり制の時代に、大坂相撲系統の陣幕部屋は、同じ大坂の小野川部屋以外のすべての部屋と対戦したこと、1940年からの東西制では出羽一門でけいこなどをしていながら連合側に配置され、出羽海・春日野勢と対戦しなければならなかったのが、彼にとっては不運であった。なおかつ、1938年に親方が亡くなり部屋は小野川部屋に吸収され、さらに1942年1月からは小野川部屋も消滅して、彼が陣幕部屋を二枚鑑札で再興しなければならなかったことも、いろいろな圧迫になっていった。それでも1940年5月場所には大関前田山と、場所後に大関昇進を果たした五ツ嶋を破り、1941年5月場所では横綱男女ノ川から金星をあげるなど、幕内中堅力士として活躍した。1940年5月場所、東前頭12枚目の地位で7勝8敗と負け越しながら、翌1941年1月場所は西前頭4枚目と逆に8枚も昇進したというエピソードがある。, 1943年5月場所10日目(5月21日)、青葉山は龍王山と対戦した。右四つに組み合って動かず、二番後取り直しになっても再び右四つ、青葉山は攻めたが、龍王山もこらえ再び水が入り、そのあとも動かずとうとう引分となった。青葉山は前日にも九州山との取組で引分となっていたため、2日連続の引分となった。ところが、この日、山本五十六聯合艦隊司令長官戦死の報が伝えられ、協会幹部が黙祷をささげるというできごとがあったためか、打ち出し後、両力士に「敢闘精神不足」という理由で無期限の出場停止処分が下された。力士会会長だった横綱双葉山、前頭笠置山たちは処分の撤回を求め、その尽力によって出場停止は2日間で終わったが、翌13日目にふたたび両者の対戦が組まれた。この相撲は青葉山が勝った。しかし、翌1944年1月場所、青葉山は東西を入れ替えられ、今まで対戦のなかった連合側と対戦することとなった。その場所3勝12敗と大負けして現役を引退、年寄専務となった。その後、戦後まもなく弟子をすべて新しい小野川親方(元錦華山)に譲って自らは出羽海部屋付きの年寄となったが、1959年限り廃業した。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=青葉山徳雄&oldid=73567901. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); © 2017 - 2020 大相撲のはてなに効く!観戦ガイド All rights reserved. 仙台私塾、仙台中教院に学ぶ)宮城県気仙沼市出身。 北白川宮能久親王(戊辰戦争時に仙台藩に逃れ、奥羽越列藩同盟の盟主となった)京都府出身。 工藤平助(仙台藩医。経世論家)江戸出身。 只野真葛(江戸時代中期・後期の女流文学者・国学者。 仙台 (せんだい) 最高位: 幕下 6: 本名: 栄田 幸弘: 生年月日: 昭和17年3月10日: 出身地: 宮城県仙台市: 没年月日: 平成29年11月4日(75歳) 所属部屋: 湊川 → 二所ノ関: 改名歴: 栄田 → 栄岩 → 仙台: 真砂石 浜五郎(まさごいわ はまごろう、1891年 5月15日 - 1918年 4月6日 )は、宮城県 仙台市出身の元大相撲 力士。 本名は千葉 長七(ちば ちょうしち)(旧姓:遠藤)。 番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ, 朝天舞 晴多(あさてんまい せいた)は宮城県 石巻市出身、高砂部屋の力士で最高位は幕下8枚目。令和2年11月場所の番付は東 三段目16枚目。, 長らく朝青龍の付け人を務めていた。体は小さいが闘志あふれる土俵態度と反り技で会場を沸かす, 寺尾翔 勝一(てらおしょう かついち)は宮城県 登米市出身、錣山部屋の力士で最高位は三段目25枚目。令和2年11月場所の番付は西 序ノ口20枚目。, 「チーム鶴竜」として横綱をサポートする。入門前はサッカーをやっており、サッカー通の鶴竜関にはピッタリ。, 謙豊 三男(けんほう みつお)は宮城県 大崎市出身、時津風部屋の力士で最高位は幕下59枚目。令和2年11月場所の番付は西 序二段98枚目。, 加美農業高校に入学してから相撲を始め、東京農大2年次に学生相撲選手権に出場。現役「最重量級力士」といわれるその体重が武器。, 石東 明之助(いしあずま あきのすけ)は宮城県 石巻市出身、玉ノ井部屋の力士で最高位は三段目86枚目。令和2年11月場所の番付は東 序二段31枚目。, 石巻市立釜小学4年の頃から始めた柔道は初段の腕前。入門のきっかけは東日本震災の避難所生活中、玉ノ井部屋が行ってくれた炊き出しが縁で。相撲経験は無かったが入門を決めた。, 大葉山 空宇(おおばやま くう)は宮城県 栗原市出身、時津風部屋の力士で最高位は幕下31枚目。令和2年11月場所の番付は西 幕下53枚目。, 平成30年(2018)3月場所では自身初の各段優勝である三段目優勝を飾った。地道な稽古でさらに上を目指す。, 時栄 秀喜(ときさかえ ひでき)は宮城県 栗原市出身、時津風部屋の力士で最高位は幕下7枚目。令和2年11月場所の番付は西 幕下23枚目。, 小2から瀬峰少年相撲クラブで相撲を始めて、小牛田農林高3年には東北大会団体優勝など数々の大会で活躍。東京農大に進学後も様々な大会で優秀な成績をおさめて、時津風部屋の門を叩いた。ちなみに本名は冨栄と書いて「とみえ」と読む。, 橋本 航(はしもと わたる)は宮城県 石巻市出身、玉ノ井部屋の力士で最高位は序二段52枚目。令和2年11月場所の番付は最高位に並ぶ東 序二段52枚目。, 七ヶ宿小学6年の時に出場したわんぱく相撲大会仙南場所で準優勝。相撲を本格的に始めるために刈田郡七ヶ宿町から石巻市へと転居。石巻相撲クラブに所属し、加美農業高校や宮城県農業高校相撲部にも通って稽古に励んだ。石巻相撲協会から玉ノ井親方(元大関・栃東)を紹介されて玉ノ井部屋の体験入門に参加、入門を決める。, 下山 謙信(しもやま けんしん)は宮城県 登米市出身、時津風部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる西 序二段60枚目。, 中津山小学3年の頃から丸山相撲クラブで相撲を始めて小6わんぱく相撲全国大会に出場。中学では相撲部が無かったために柔道部に所属していたが相撲の大会には出場を続けており、中3で全国都道府県中学生相撲選手権個人でベスト32入りとなった。小牛田農林高校では3年間高校総体と国体に出場。団体、個人ともに活躍をみせた。高校の先輩である時栄の誘いもあり時津風部屋への入門を決めた。, ここまでは宮城出身の現役力士の番付や成績を中心にご紹介してきましたが、過去から現在までの宮城県の大相撲力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。, ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。, ※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。, 内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。. また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 谷風 梶之助(たにかぜ かじのすけ、1750年(寛延3年)9月8日(旧暦8月8日) - 1795年(寛政7年)2月27日(旧暦1月9日))は、陸奥国 宮城郡霞目村(現:宮城県 仙台市 若林区霞目)出身の元大相撲 力士。 本名は金子 与四郎(かねこ よしろう)。. 宮城出身の過去から現在までの主な力士をご紹介する宮城県の大相撲力士まとめ!この記事では宮城出身の関取を中心に、宮城の郷土力士をご紹介していきます。, 過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。, なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。, 相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?, 優勝制度が制定された明治42年(1909)6月場所からですが、それ以降まだ宮城県出身の幕内最高優勝力士出ていません。, これを優勝制度が制定される以前にまでさかのぼると、江戸時代の谷風が21度もの優勝相当の成績を残しているのを筆頭に第9代横綱・秀の山が6回の優勝相当、明治期に入ると第18代横綱・大砲が2回の優勝相当の成績をおさめています。次は現行制度での優勝力士を期待したいですね, 実在はしていたようだが本当に横綱免許を受けたかは不明、幕末の12代横綱・陣幕久五郎が建立した横綱力士碑には3代目横綱として刻まれた, ※吉田司家の故実門人覚書には「寛延2年8月 丸山 権太左衛門」とあるが、それが横綱免許の授与を意味しているかは定かでない, 力量、人望ともに優れた実質的な初代横綱。江戸で猛威を奮ったインフルエンザで現役のまま急逝, 身長164センチと歴代横綱中もっとも小兵。引退後は中改め(審判)に就任するも自分の弟子ばかりを贔屓にしたため「嘉永事件」と言われる大相撲初のストライキが起きた, 宮城県遠田郡湧谷町六軒町出身、井筒部屋の元力士で最高位は大関。豪快な相撲っぷりで人気があった名大関。筋骨たくましい見事な身体つきで、長身から繰り出す突っ張りや左四つからの上手投げを得意としていた。若くから注目を集めていた駒ヶ嶽は、梅ヶ谷・常陸山の全盛時代に次代を担う力士として期待され、同じく台頭してきた太刀山との取組は好角家たちを熱狂させた。, その太刀山より先に大関に昇進するなど明治44年頃までは互角に渡り合っていた駒ヶ嶽だったが、小兵力士に不覚を取るなど大事な一番に弱い面もあり、その後は太刀山に大きく水をあけられる形になった。晩年は深酒がたたって生活は荒み、負けては深酒の悪循環に陥っていたがついには巡業先で急逝という結果に。, 入門は旧春日山部屋で16代(元前頭筆頭・大昇)の停年・閉鎖とともに安治川部屋へ移籍。引退後に20代春日山を襲名し部屋の再興を果たす, いかがでしたでしょうか?ここまでは宮城出身の過去の主な力士をご紹介してきましたが、宮城出身の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!, ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。, ※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。, 内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。.

換気扇 何時 まで, 夏休み ポスター 書き方 中学生, サクラエディタ 行 色付け, Ff14 クロスホットバー 切り替え マクロ, 広 電 5200形 増 備, オリックス カーリース 審査,