年越し派遣村等の生活困窮者支援施策やその関係者についての報道[61][62]・論調に見られるように、2009年9月から2012年12月までの民主党連立政権による社会民主主義的・左派的政策や、およびそれらを肯定的に伝える他紙(朝日新聞、毎日新聞、中日新聞)に対しては批判的であった。, 1面コラムは前田社長時代、「点心」を掲載していた。前田に代わって社長に文化放送・フジテレビの水野成夫が就任すると、朝刊のコラムを「サンケイ抄」として室伏高信に、夕刊のコラムを「笛」として渡辺一夫に外部委託して連載していた。しかし朝日新聞より引き抜かれた土屋清が編集総長兼論説委員長に就任した際に、編集各部の部会を回って紙面改革の意見を徴したとき、政治部記者の俵孝太郎が「コラム執筆者は内部起用すべきだ、機会を与えられればわれわれも他社並のことはできる」と発言した。その結果、土屋は東西の編集各部長に60人の候補者を推薦させて社内コンペを行い10人を選び、内6人に「サンケイ抄」と「笛」の分担執筆を命じた。, 「サンケイ抄」は当初、編集総長室の古屋奎二と山本雄二郎が隔日で、日曜日は選外入選組が書いた。古屋が『蔣介石秘録』執筆の為に抜けた後は、政治部の俵がそれに替わり、日曜日を社会部部長の青木彰が担当した。その後、水野の社長退陣に土屋が殉じて退社した後に、青木が編集局長に就任すると、石井英夫を専門の執筆者として指名し、以後は石井が独りで(月曜掲載分は石井が日曜休暇の為別人の執筆)35年間に渡り書き続けることとなった[63]。2004年(平成16年)12月28日をもって筆者が交代した。メディア批評誌『創』によると、現在では30歳代から40歳代の数人の若手記者による輪番執筆となったという。2008年(平成20年)6月20日の産経新聞によると、現在は皿木喜久論説委員長ら3人の論説委員が交代で執筆するようになったという。, 2012年7月、産経抄は坂本龍一本人が産経新聞本紙に月に1度の連載「いま、僕が思うこと」を持つにもかかわらず、反原発運動に参加した坂本を名指しで批判した[64]。坂本は9月23日に同エッセイで反論し[65]、連載を終了した。, 金美齢・日垣隆・山崎行太郎などが土曜日から月曜日まで交代で執筆するコラム『斜断機』を2002年(平成14年)3月31日まで連載していた。最終回は日垣の「さらば斜断機」[注釈 12]。, 2002年4月から2009年2月まで、著者を入れ替え、反論コーナー『斜断機へ』を廃止して新コラム『断』。, 年金問題や介護、医療といった社会保障制度、医学博士などの専門家による「ゆうゆうLife」というコラムや「イチ押し!レシピ」という日本の全国紙で初だったカラー写真付の献立コーナーを連載している。天皇・皇族の動静や「おことば」を専門に報じる「皇室」コーナーがある。, 「暮らしと経済」と題して、月曜から金曜まで「女性と仕事」「生活とマネー」「いま、はやりもの」「リフレッシュ」についての記事を連載している。, 一面に掲載される「朝の詩」、投書面「談話室」、著名人や公職者の論評が掲載される「アピール」がある。, 番組表においては、関東・近畿(四国地方の徳島県を含む)両地方について、産経と最もつながりのある放送局にはアクセントを付けて目立たせる。, まれに、本編の前後に「ラッピング新聞」と題した抜き取り可能な4ページ立ての全面広告紙面を作る場合がある(日刊スポーツでも同様に行う場合あり)。その場合、1面に「本日は特別紙面です。通常紙面(本編)は2枚目からになります」と書かれる場合もある。, 更に、番組表(最終テレビ面)で、フジテレビの番組(地域によっては他系列)が掲載されるスペースの左隣にドラマやバラエティーの宣伝スペースをこしらえたり、ニコニコ動画の宣伝を一般番組表並みに載せたりしたこともあった。, 紙の新聞と同じレイアウトの紙面を、iPhone/iPadおよびAndroidアプリ向けに配信している(朝刊は東京最終版、夕刊は大阪最終版。一部広告等は差し替え)。日本国内3キャリアで販売された画面サイズ7インチ未満のスマートフォンであれば、当日の朝刊を無料で閲覧可能である[68][69]。無料化の狙いについて、産経デジタル取締役(2008年当時)の近藤哲司はITmediaの取材に対し、「小出しにせず、どーんと出して使ってもらおうと思い切った」「新聞の無料試読制度のようなもの」と述べている[70]。Android版は1,575円、iPhone/iPad版は1,600円(いずれも月額・税込)を支払うことで、過去3カ月分のバックナンバーと大阪版夕刊も閲覧可能[69][71]。, 2014年(平成26年)3月31日、その日に放送されたフジテレビの番組「笑っていいとも!」の最終回を伝える「産経新聞特報」が配信された[72]。, 以下の東京・大阪両本社管内の直営工場(特記事項のないもの)は「産経新聞印刷」が運営。また同社運営の各工場は「(工場の所在地名)センター」と呼称されている[73]。, 産経電子版記事(特に「sankei.jp.msn.com」で始まるリンク先)は削除されているものが多いので注意を要する。, ウィキニュースに関連記事があります。マイクロソフト、産経新聞とウェブニュースで業務提携、毎日は独自の新ウェブに移行, 北海道新聞 - 河北新報 - 中日新聞(東京新聞 - 北陸中日新聞 - 日刊県民福井) - 北國新聞(富山新聞) - 京都新聞(旧・滋賀日日新聞) - 中国新聞 - 西日本新聞, 日経産業新聞 - 日刊工業新聞 - フジサンケイ ビジネスアイ - 中部経済新聞 - 日経MJ - 日経ヴェリタス, ジャパンタイムズ(英) - ジャパン・ニューズ(英) - 朝日ウィークリー(英) - 毎日ウィークリー(英) - Nikkei Asian Review(英) - 大紀元時報(中) - 中文導報(中) - 東方時報(中) - 朝鮮新報(朝), 官報 - 朝雲 - 自由民主 - しんぶん赤旗 - 公明新聞 - 日本農業新聞 - 聖教新聞 - 神社新報 - 世界日報, 共同通信社 - 時事通信社 - 機関紙連合通信社 - ラヂオプレス - 朝鮮通信社 - 東京ニュース通信社(ラテ欄) - 日刊編集センター(ラテ欄), 日本新聞協会 - 日本雑誌協会 - 記者クラブ - 日本記者クラブ - 日本機関紙協会 - 日本ジャーナリスト会議 - 日本新聞労働組合連合 - 日本ABC協会 - 日本新聞販売協会, 河北新報 - 東奥日報 - デーリー東北 - 秋田魁新報 - 山形新聞 - 岩手日報 - 福島民報, 下野新聞 - 茨城新聞 - 上毛新聞 - 千葉日報 - 東京新聞(中日新聞東京本社) - 神奈川新聞- 埼玉新聞, 山梨日日新聞 - 信濃毎日新聞 - 新潟日報 - 中日新聞 - 静岡新聞 - 岐阜新聞 - 北日本新聞 - 北國新聞 - 福井新聞, 京都新聞 - 産経新聞(全国紙だが、大阪府の新聞社として参加) - 神戸新聞 - 奈良新聞, 西日本新聞 - 大分合同新聞 - 宮崎日日新聞 - 長崎新聞 - 佐賀新聞 - 熊本日日新聞 - 南日本新聞 - 沖縄タイムス - 琉球新報, 但し、欄外の題字や、一般的な呼称はこの当時から1988年5月に漢字の題字に戻すまで「サンケイ」(片仮名)を既に使用していた。また、1969年5月まで「時事新報合同」を題字下に明記していた。, ただし、当初の連載企画時に協力していた地元の有名店「カドヤ食堂」は、カップ麺の発売に先だって一切無関係であることを言明。また、それまでの協力関係も全て解消したとしている, 一時期、分社化してそれぞれ「フジ新聞社」、「サンケイスポーツ新聞社」から発行していたが、, 水野はこの時点で既に文化放送社長でもあったため、新聞・テレビ・ラジオ全てを握ったことになり「マスコミ三冠王」と評される。, 日垣の執筆分はのちに『敢闘言 さらば偽善者たち』にまとめられ、文春文庫から出版された。, 川越と藤岡はそれぞれ2019年(平成31年)3月下旬より、閉鎖された所沢センターに代わる委託印刷先となっている, 2009年(平成21年)10月1日付より毎日新聞九州センターの工場(鳥栖と北九州のいずれかで調整していたが、最終的に鳥栖に決定)に委託しての現地印刷を開始。2012年(平成24年)9月1日付から毎日新聞九州センター北九州工場でも委託印刷が開始された。, 『新聞業界 “仁義なき戦い” 産経「夕刊廃止・休刊日発行」の波紋』山口俊明 「放送レポート」2002年5月号, 【東京五輪】酷暑対策でサマータイム導入へ 秋の臨時国会で議員立法 31、32年限定, “【産経新聞創刊85周年】創刊からの歩み 「モノを言う新聞」脈々 カラー化、電子版…時代に合わせ進化”, https://www.sankei.com/entertainments/news/180620/ent1806200003-n1.html, https://www.nikkei.com/article/DGXNZO29176690V20C11A5PE8000/, https://www.sankei.com/politics/news/130426/plt1304260047-n1.html, “新ニュースサイト「産経ニュース」スタート、10月1日から オピニオンサイト「iRONNA」も”, https://www.sankei.com/economy/news/140908/ecn1409080017-n1.html, http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090425/plc0904250313000-n1.htm, https://www.sankei.com/politics/news/130106/plt1301060011-n1.html, https://www.sankei.com/politics/news/130314/plt1303140032-n1.html, はだしのゲン閲覧制限「問題ない」下村文科相/「閉架撤回」求め2万名超が署名/全国各紙が社説で「はだしのゲン 閲覧制限」を批判, “【西論】どこまで日本をおとしめるのか 「はだしのゲン」再考 編集委員・河村直哉”, https://www.sankei.com/west/news/130903/wst1309030024-n1.html, http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071114/plc0711140239000-n1.htm, http://sankei.jp.msn.com/world/america/090131/amr0901310329003-n1.htm, http://web.archive.org/web/20091225130141/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091222/plc0912222135023-n2.htm, http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091101/plc0911010314001-n1.htm, http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100104/plc1001040234001-n1.htm, http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091112/plc0911120244002-n1.htm, https://web.archive.org/web/20121114074828/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121114/plc12111403070005-n1.htm, https://www.sankei.com/politics/news/130202/plt1302020008-n1.html, https://web.archive.org/web/20110925085109/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110925/mds11092503590001-n1.htm, https://www.sankei.com/politics/news/131114/plt1311140025-n1.html, http://facta.co.jp/article/200905038.html, http://adv.yomiuri.co.jp/yomiuri/download/PDF/circulation/national03.pdf, http://www.findstar.co.jp/articles/view/327, http://j.people.com.cn/94474/8533507.html, 日右翼媒体渲染“中国网络威胁” 称日政府须“硬对”(日本の右翼メディア、“中国のネット威嚇”を宣伝し日本政府の“強い態度”を称える), 日右翼媒体渲染“中俄挑衅” 称应全力重建美日同盟(日本の右翼メディア、“中露の挑発”を誇張し米日同盟の全力での再建を語る), 日右翼媒体扬言将配合美国“围剿中国无法无天的行动”(日本の右翼メディア、アメリカに協力し“中国の悪行を包囲討伐”と宣伝), “「【坂本龍一 いま、僕が思うこと】ほんとうに言いたかったことは」:MSN産経ニュース”, http://sankei.jp.msn.com/smp/entertainments/news/120923/ent12092318000010-s.htm, 産経新聞、なぜ無料でiPhoneに 「失敗続き」の電子新聞チャレンジに手応え - ITmedia ニュース, https://www.jiji.com/jc/article?k=2019030101311&g=eco, https://www.sankei.com/economy/news/160907/ecn1609070011-n1.html, 株式会社産業経済新聞社:有価証券報告書 第78期(平成24年4月1日 ‐ 平成25年3月31日)第一部第1-2「沿革」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=産経新聞&oldid=80080376, 連載当初から生活面で掲載されていたが、東京本社版は2008年3月20日付から1面に移動。大阪本社版は従来通り生活面に掲載(当初週1回。後毎日)していたが2009年7月より社会面に掲載するようになった。, バイトくん いしいひさいち(大阪夕刊(土曜日)2003年より連載開始、病気療養により2009年より休載中), 九州・山口地区発行分の紙面は東京本社版がベースとなるが、地方版及び番組表は大阪本社で制作される。.

Ipa 発音記号 入力, 阪急神戸線 ダイヤ改正 2019, アラジン トースター グリルパン, 金沢区 バス 路線図, ベトナム 英語 通じる, スライド マスタ 変更 適用, ろうきん コープ 住宅ローン, 英語 倒置 Do, 大阪航空専門学校 パイロット 学費, 阪急電車 映画 フル,