トップページ IT 技術の進化はとどまることを知りません。矢継ぎ早に新たな技術が出てきたり、数... nesuke の考える NW エンジニアの2つの道 ネットワークエンジニアには... ファイルにブロックを割り当てるとき、そのブロックは全 bit が 0 になっているとは限りません, 仮想マシン 50 台に対し、それぞれに 100 GB の仮想ディスクを作るとそれだけで 5 TB も消費してしまいます. Dell Technologies | Education Services. そして、自分自身を示すアドレスのことをループバックアドレスと... WebアプリケーションファイアウォールのBIG-IP ASM(Application Security Manager)の Eager zeroed の場合 はブロックを割り当て、割り当てた領域全てを 0 に書き換えます。前述の通り、割当前のブロックは最初から全 bit が 0 になっているとは限らないからです。 ・ App ID(アプリケーショ... ある程度の企業規模になると、基幹ネットワークからのインターネット接続で使用する回線でPPPoE認証を行うことはほとんどありませんが、例えばゲ... 複数のホストに対して、同時に同じコマンドを実行するために役立ちます。 参考までに、VMwareで公開されている解説文を抜粋して原文のまま以下に紹介します。 ・ シックプロビジョニング(Lazy Zeroed) 仮想ディスクをデフォルトのシックフォーマットで作成します。 本記事では、vSAN 6.6以降登場した”キー管理サーバ(以下KMS)"を用いた暗号化vSANの機能にて、KMS自体に障害が起きた場合にどのような影響があるかを”VMware HOL"上でシミ... vSphere HA アドミッションコントロール ”ホストの指定”の計算方法 . パーティション作成/フォーマット程度では、全領域をゼロ初期化は実施されないんですね(^_^; そこで、追加確認させて頂きたいのですが、Lazy Zeroed ThickのVMDKで全領域をゼロ初期化する方法って, やり方としては、PC破棄時に使う「ディスク・ワイプ」ツール(全セクタに0や1を書き込んで消去するツール)を使って, 本来なら、Eager zeroed ThickのVMDKを用意するのが本当だと思うのですが大容量のVMDK作成となるため, 初期作成時にEagerZeroedにするのと同様にゼロ書き込みする時間はかかります。, どのみちEagerZeroedにするなら、VM(VMDK)作成時にしてしまったほうが. Thick Provision で形成され、ファイルサイズは、16GB となっています。. まえがき 社内の友人から、”VMware NSXのゲストイントロスペクションとvSphere HAのアドミッション コントロールの併用”について議題にあがったた... はじめに こんばんは。 Lazy Zeroed ThickのVMDKで 、パーティション作成&フォーマットをしても、. ⇒ 仮想ディスク作成時に指定した容量の割り当てを行い、仮想ディスク初期化も同時に行います。仮想ディスク作成時にファイルブロックをゼロで初期化します。Lazy Zeroedに比べてディスクの作成に時間を要しますが、3つのディスクタイプの中で最も高い書き込み性能。, ・ Thin Provision VMwareのvSphereについて、仮想ディスクには3種類の作成方法があります。備忘録を兼ねて記録しておきます。仮想ディスクの種類特徴シックプロビジョニング (イーガーゼロ:Eager Zeroed)Eager Zeroedでは、仮想ディ ・Eager zeroed ブログを報告する, ネットワークを中心に、サーバ、仮想化、ストレージの設計、構築、運用・保守に関する実務に従事しています。. どちらも最初の書き込みをするときにゼロ初期化するはずです。 The default is Thick Provision Lazy Zeroed 」という解説があります。 . 以下、Thick Provison を Thin Provision に変更する際の例になります。 « VMware Toolsのインストール:MS-Windows Server 2008 R2 Standard Edition / vSphere 5 Update 1 | 保有資格:CCIE R&S(Emeritus), VCAP-DCA, NCDA, ITIL, etc. 全領域がゼロ初期化されることはないと思います。 たとえば、ThinとLazy Zeroedの 違いは「容量を確保しておくかどうか」で、. 仮想ディスク作成時に、シックプロビジョニングを使っています。そこで、作成時にシックプロビジョニングで二つのタイプ(Lazy zeroed/Eager zeroed)が選択できると思います。, 「Eager zeroed」だと、作成時にゼロ初期化を行うので、作成自体に時間がかかります。, 一方「Lazy zeroed」だと最初の書き込み時に、書き込む分だけゼロ初期化を行うので作成は速いですが、一番最初の書き込み時に遅くなると思ってます。, 「Lazy zeroed」のゼロ初期化のタイミングですが、OSでパーティションを作成してフォーマットを実行すると、全領域がゼロ初期化されるのでしょうか?それとも、フォーマット以外の書き込みが発生しないと、ゼロ初期化は行われないのでしょうか?, Lazy Zeroed ThickのVMDKで、パーティション作成&フォーマットをしても、, たとえば、ThinとLazy Zeroedの違いは「容量を確保しておくかどうか」で、, ゲストOSのVMDKへの書き込み処理は、Thin/Thickどちらも同じのはずなので、, Lazy Zeroed Thick の場合でも、パーティション作成&フォーマットしても. 本記事は投稿時点での最新のVMware NSX-vの最新バージョンを元に記事を掲載しております。可能な限り、製品の仕様変更に伴う更新を心がけたいと思... 書き込みパフォーマンスを求める仮想ディスクには、シックプロビジョニング(Eager Zeroed), ディスク領域確保と迅速なデプロイを求める仮想ディスクには、シックプロビジョニング(Lazy Zeroed), 拡張をしたい対象の仮想ディスクを、データストア ブラウザから右クリック後”拡張”をクリックする事で変換可能です。この手法ではシック プロビジョニング(Eager Zeroed)形式に変換されます。vmdkのサイズが大きい場合は、それに応じて時間が掛かります。, Storage vMotionでの移行先がNFSかつVAAI非対応のNASの場合は、シン プロビジョニングしか選択が出来ません。, 上記に従えば、Dell Storage SCの場合は、仮想レイヤーでのThick化命令も、全て物理レイヤーでThinとして取り扱う動きであるため、全vmdkの展開タイプがThih Provisioning相当で取り扱われると言えます。, 本項目はストレージによってはThickが使えないものもある、という点を抑えて頂くことを目的とした項目です。ですので、実際の現場においてはご利用頂くストレージ製品のマニュアルやサポートへの問い合わせをされることをおすすめいたします。. (1)Lazy Zeroed OSの仮想ディスク作成時にディスクを 0 で埋めません。よって初回作成はとても高速です。 ただし上書きしないため、 前回のデータが残存してしまうリスクあます。 (2)Eager Zeroed OSの仮想ディスク作成時にディスクを 0 で埋めます。 設定に関する個... PoEはCat5以上のUTPケーブル上で電力を供給する技術のことであり、PoEの給電仕様は以下の通りとなっています。 Palo Altoの主な3つの識別技術には以下がありますが、本記事は「User-ID」に関するネタ。 全領域がゼロ初期化されることはないと思います。 たとえば、ThinとLazy Zeroedの 違いは「容量を確保しておくかどうか」で、. 新規仮想マシン作成の作業依頼をすると、セットアップ時によく質問されることがあります。, 例えば、VMware vSpherer でロードバランサのovaファイルを展開(デプロイ)する際に、仮想ディスクサイズとプロビジョニングポリシーの以下の選択画面が表示されますが、どれを選択すれば良いのか、Lazy ZeroedとEager Zeroedの違いは何ですか、という質問です。, 仮想ディスク作成時には、以下の3種類の仮想ディスクの中から要件に適合する仮想ディスクを選択して仮想マシンを作成する必要があります。それぞれの意味を先ず簡潔に説明します。, ・ シックプロビジョニング(Lazy Zeroed) This site uses Akismet to reduce spam. こんばんは。 Lazy Zeroed ThickのVMDKで 、パーティション作成&フォーマットをしても、. Learn how your comment data is processed. 最... おはようございます、バルセロナ滞在5日目です。 免責事項 ⇒ 容量の割り当て、仮想ディスクの初期化も、初回の書き込み時に実行する。これら3つのディスクタイプの中では低い書き込み性能であるが、仮想ディスクの容量の消費を抑えることができます。特にストレージの費用対効果の観点から適しているプロビジョニング。, 上述の解説内容からして、仮想FWや仮想LBをデプロイする際には「Thin Provision」を選択することは除外すべきだと理解できるかと思います。次に、比較表は次の通りとなります。, それでは「仮想ディスクの作成時にどれを選択したら良いのか」ですが、原則論で言いますと仮想環境の用途、仮想環境のディスクの用途により選択する必要があるのですが、その環境におけるポリシーなどもあるでしょうから、シックプロビジョニング(Lazy Zeroed)にするかシックプロビジョニング(Eager Zeroed)にするか、設計者や運用者に確認することが大切です。作業資料に指示がない場合には必ず作業依頼者に確認するようにしましょう。, 参考までに、Palo Altoをデプロイする際には、paloaltonetworks.comにおける解説資料では以下の通り「Leave the default settings for the datastore provisioning and click Next. ■シックプロビジョニング(Thick provisioning) The default is Thick Provision Lazy Zeroed」という解説があります。, 参考までに、VMwareで公開されている解説文を抜粋して原文のまま以下に紹介します。, 仮想ディスクをデフォルトのシックフォーマットで作成します。ディスクの作成時に、仮想ディスクに必要な容量が割り当てられます。物理デバイスに残っているデータは、作成中には消去されませんが、仮想マシンへ初めて書き込みを行うときに必要に応じてゼロアウトされます。仮想マシンが物理デバイスから古いデータを読み取ることはありません。, Fault Tolerance などのクラスタリング機能をサポートする、シック仮想ディスクのタイプ。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。, シック プロビジョニング (Lazy Zeroed) フォーマットの場合とは異なり、物理デバイスに残っているデータは、仮想ディスクの作成時にゼロアウトされます。このフォーマットで仮想ディスクを作成する場合、他のタイプのディスクに比べて長い時間がかかることがあります。, このフォーマットを使用してストレージ容量を節約します。シン ディスクの場合、入力した仮想ディスク サイズの値に応じて、ディスクに必要な容量と同じデータストア容量をプロビジョニングします。ただし、シン ディスクは最初は小さく、初期処理に必要なデータストア容量のみを使用します。シンディスクでさらに多くの容量が必要になったら、最大容量まで拡張して、プロビジョニングされたデータストア容量全体を占有できます。, シン プロビジョニングではヘッダ情報のみのディスクを作成するため最も短時間で仮想ディスクを作成できます。また、シン プロビジョニングでは、ストレージブロックの割り当ておよびゼロアウトは行われません。ストレージブロックは、最初にアクセスされたときに割り当ておよびゼロアウトが行われます。, そもそも、VMwareについて全く知識がない場合にはVMware書籍のなかでも初心者用ですができるPROシリーズなどがお勧めです。画面や説明図が多く非常に分かりやすいです。. シック プロビジョニング (Lazy Zeroed) ... シック プロビジョニング (Eager Zeroed) フォールト トレランスなどのクラスタリング機能をサポートする、シック ディスクを作成します。 ... 2012.10.22 2019.04.25. Windows で利用される NTFS や、Linux で利用される XFS 等の一般的なファイルシステムでは、ファイルの基本情報・メタ情報を格納する『メタ領域』と、ファイルのデータを格納する『データ領域』でディスク利用領域を分けています。, メタ領域は Windows だと『MFT 領域』、Linux だと『i-node 領域』と呼ばれたりします。メタ領域には『ファイル名』や『ファイルサイズ』、『アクセス権』、『ディスクの割当ブロックアドレス』等のメタ属性および属性値が格納されます。, データ領域には、例えばテキストエディタで『拝啓おふくろさま~』という文字列を書いて保存すれば、このデータがデータ領域に保存されます。, 厳密には、Windows の場合はデータを保存する場所を『$DATA』というメタ属性に含めており、扱いが Linux 系のファイルシステムと異なりますが、扱いは似ているので、ここではこのように解釈します。, 1 ファイル当たりのサイズは固定長(512 B ~ 1 KB程度)です。この固定長の中に各種メタ情報が格納されます。, Linux の場合は予約したメタ領域が無くなると『i-node が枯渇した』と表現され、ディスクに空きがあるのにファイルが作れない状態になりますが、Windows の場合は枯渇する前に自動で拡張する機能があるようです。, ディスクへのデータ読み込み・書き込みは『ブロック』という単位で行われます。最近のブロックサイズは 4 KB ~ 数 MB 程度です。つまり、1 回の読み書きで 4 KB ずつディスクからメモリ等へ入出力されるのです。, ディスクはブロック単位にアドレスが振られており、ディスクへの読み書きの命令はブロックアドレスを指定して行われます。, ブロックサイズはファイルシステムのフォーマット時に決定します。メタ領域とデータ領域では別のブロックサイズが使われます。, Windows ではブロックサイズのことを『クラスターサイズ』もしくは『アロケーションユニットサイズ』と呼びます。, Windows でクラスターサイズを確認するには、管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、"fsutil fsinfo ntfsinfo c:" コマンドを使います。, 『クラスターあたりのバイト数』がデータ領域のクラスターサイズを意味し、『ファイル セグメントあたりのバイト数』がメタ領域 (MFT領域) のクラスターサイズを意味します(前述の『1 ファイル当たりのサイズは固定長』と同義)。, メタ領域に格納される『割当ブロックアドレス』は、そのファイルが利用するブロックアドレス範囲を示します。, ディスクはブロック単位で使われるので、1 byte 等の小さいデータをファイルに保存しても、ディスクとしてはブロックサイズ分を消費します。, 例えばブロックサイズが 4 KB でフォーマットした XFS において、Linux の "ls -lsh" コマンドでファイルを見てみます。test1.txt が空ファイル、test2.txt が "a" の1文字だけ書き込んだファイルです。, 一番左が割当ブロックサイズ、「7月」の左にある数字が『ファイルのサイズ』属性値です。test1.txt では割当ブロックサイズもファイルサイズも 0 ですが、test2.txt ではファイルサイズが 1 (byte) に対し、割当ブロックサイズは 4.0 KB となっています。, Windows だとプロパティで「サイズ」と「ディスク上のサイズ」が異なる場合があるかと思いますが、「サイズ」が『ファイルのサイズ』に該当し、「ディスク上のサイズ」が『割当ブロックサイズ』に該当します。, ファイルシステム上からファイルを「(ゴミ箱移動ではなく)完全に削除」した場合の一般的な動作としては、ファイルのメタ属性『ディスクの割当ブロック』から、割当ブロックを外すだけです。つまり、割当中に書き換えた 0 1 の bit はそのまま残ります。, つまり、ファイルにブロックを割り当てるとき、そのブロックは全 bit が 0 になっているとは限りませんし、大きいファイルのダウンロード・削除を繰り返す環境では多くの場合なりません。, 先の例では『ファイルサイズ』<『割当ブロックサイズ』でしたが、ファイルサイズを大きく見せ、実際の割当を少なくすることもできます。, 例えば、ファイルサイズとしては 1 MB と宣言しつつ、ブロック単位で全て 0 となる範囲にはブロック割当を行わない、ということができます。, VMware 等では仮想マシンのディスク領域をファイルとして扱います。一度ファイルサイズを決めると、そのあとにサイズを増減するのは結構大変だったりします。なので最初から大きめのサイズを取っておくのが良いです。, ですが例えば仮想マシン 50 台に対し、それぞれに 100 GB の仮想ディスクを作るとそれだけで 5 TB も消費してしまいます。これでは効率が悪いです。, シンプロビジョニングを使うとファイルサイズは 100 GB になっていても例えば実際のディスク消費は 1 TB 程度に抑えられたりします。, 仮にその中で大きく増えるものが数台あったとしても全体で 3 TB で抑えられれば無駄に 5 TB のディスクを用意しなくて済むし、もし不足しそうだったらストレージのディスクを追加するだけで OK です。仮想マシンの設定変更は不要です。, シンプロビジョニングに対し、最初からサイズ分のブロックを割り当ててしまうのが『シックプロビジョニング』です。, Eager zeroed の場合はブロックを割り当て、割り当てた領域全てを 0 に書き換えます。前述の通り、割当前のブロックは最初から全 bit が 0 になっているとは限らないからです。, 100 GB のファイルを作った場合、100 GB 分のブロックを割り当てますし、100 GB 分を 0 に書き換えます。, Lazy zeroed の場合、ブロックを割り当てますが、割り当てた領域を 0 には書き換えません。ただし、これは VMFS (VMware の ESXi) から見た世界の話です。, 例えば Windows をインストールした場合、この仮想ディスクのデータ領域を NTFS 用にフォーマットしますが、仮想サーバ の Windows が NTFS ファイルシステムにブロック割当を行うたびに、ブロックの全 bit を 0 に書き換えます。. FriendsNowさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog Required fields are marked *. 本記事では、vSphere ESXi上で動作する仮想マシンの”仮想マシンハードディスク”の展開形式及びその変換について紹介致します。, vSphere環境において、仮想マシンの仮想ハードディスクの展開手法は3種類あります。, 3つの中からどれかを必ず選択する必要があります。それぞれの違いを簡単に図にしてみました。, シック(Thick)は”分厚い”という意味の英単語です。上図では1と2がこれに該当し、vmdkの作成タイミングでそのサイズ分をデータストアから消費します。1と2の間ではvmdk内部でゼロ初期化を全領域で終えるのがEagaer Zeroed(Eagerは熱心な、という意味)、書き込みが発生する都度、その領域に対して最小限のゼロ初期化を行うのがLazy Zeroed(Lazyは怠けている、という意味)です。, シン(Thin)は”薄い”という意味の英単語です。1と2とでは、ゲストOS内で1GBしか消費をしていないのにも関わらず、5GB分が即座にデータストアから消費されてしまいますので、容量効率面ではシックは優秀だとは言えません。シン ディスクの利点はこの容量効率性にあります。, 次の手順を実施することで可能です。シン仮想ディスクの拡張拡張をしたい対象の仮想ディスクを、データストア ブラウザから右クリック後”拡張”をクリックする事で変換可能です。この手法ではシック プロビジョニング(Eager Zeroed)形式に変換されます。vmdkのサイズが大きい場合は、それに応じて時間が掛かります。, 操作そのものはとても簡単ですが、唯一の注意点は”拡張”をクリックした瞬間直ぐに拡張が開始される事です。(割と大事な操作なのに、”本当によろしいですか?”のようなメニューが出ないのでびっくりします), 次の手順を実施することで可能です。仮想ディスクのシックまたはシン プロビジョニングの変更 (2014832), Storage vMotionを実施する際に、プルダウンメニューから”シン プロビジョニング”を指定する事で変換が可能です。, 以下の図では、Storage vMotionを実際に行い、変換完了前の仮想マシンが確認可能です。(仮想マシンのハードウェアの項目内ではシック プロビジョニングの記述が確認出来ます), vMotinが完了すると、ディスクタイプがシン プロビジョニングに変化したことが確認出来ます。, Storage vMotionでの移行先がNFSかつVAAI非対応のNASの場合は、シン プロビジョニングしか選択が出来ません。仮想マシンでのシン プロビジョニング ディスクの使用 (1005418)NAS デバイスでのハードウェア アクセラレーション今回の検証では、VMFS、NFSどちらが宛先データストアとなった場合もシック形式からシン形式への変換が正常に完了しました。, このようなケースの場合、Storage vMotion実行時にvmdk単位で移動先及び形式を選択することも可能です。下図内の”詳細”をクリックするとvmdk単位での移行先及び形式指定画面が表示されます。, プルダウンメニューより、データストアとディスク形式を指定すれば、それ以外は通常のStorage vMotionと同じです。, Storage vMotionを実行するには、最低2つのデータストアが必要ですが、環境制約上1つのデータストアしか存在しない環境では、”仮想マシンのクローン”を実施する際に上記で紹介しているディスク変換用プルダウンメニューがあります。これを利用することで同様の変換が可能となります。, 世の中に存在するストレージ製品の中では、既定値としてシン プロビジョニングにてボリュームを作成するものも存在します。Dell EMCの場合はDell Storage SC(Compellent)はこれに該当します。, 情報ソースとしては、”Dell EMC SC Series Best Practices with VMware vSphere 5.x–6.x”のPage 53を参照ください。こちらに画像ベースでのキャプチャも添付しておきます。, 上記に従えば、Dell Storage SCの場合は、仮想レイヤーでのThick化命令も、全て物理レイヤーでThinとして取り扱う動きであるため、全vmdkの展開タイプがThih Provisioning相当で取り扱われると言えます。本項目はストレージによってはThickが使えないものもある、という点を抑えて頂くことを目的とした項目です。ですので、実際の現場においてはご利用頂くストレージ製品のマニュアルやサポートへの問い合わせをされることをおすすめいたします。, 結論としては、vSphere環境におけるvmdkの展開スタイルは、”シンからシック”、”シックからシン”のいずれも変換可能です。(但し一部の例外を除く), Your email address will not be published.

Melups 2011d 価格 6, ホリパッド For Nintendo Switch Pc接続 10, オプテージ 労働 組合 4, 愛媛 天気 松山 37, 黒い羊 Off Vocal Ver Mp3 18, Linux Mint 動作環境 20, ジャイアント エスケープ オプション 13, Intel 7260 交換 7, 上司 怒らせた 無視 7,