当記事では、「Ryzen 3 3100の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。低価格帯いうこともあってそれなりの販売数を出せるポテンシャルを持つCPUです。低コストの自作PCを作りたいと考えている方やお得なBTOパソコンを購入したいと考えている方は必見です。, 同時期に発売されたRyzen 3 3300X及び同価格帯のIntel Core i3-9100Fと比較しながらそのスペック及びパフォーマンスを見ていきましょう。特にRyzen 3 3300Xとの比較は興味深いにものになります。スペックは似ているのに中身は全く違うものなのです。, ゲームプレイについてはやや厳しいと考えておくべきです。最も苦手な分野だと言えます。ゲームプレイを考えるのであれば内部的な違いもあってRyzen 3 3300X以上を選択するのが無難です。CADについても役不足と言えるかもしれません。, Ryen 3 3200Gと比べるとプロセスが12nm→7nmへと縮小化されています。これによって前世代のRyzen 3プロセッサーでデザインされた同じ65Wという制限の中でハイパースレッディングに対応させることができました。クロック周波数は劣っていてもIPCパフォーマンスの向上も相まってRyzen 3 3200Gよりも明らかに性能が向上しています。, L3キャッシュについても4倍の16MBと大容量です。これによってゲーミング性能を引き上げられます。このクラスのCPUではこういった細かいところも与える影響は大きくなります。上位のRyzen 3 3300Xになるとベースクロック及びターボクロックが10%前後高くなりより高い性能を持っています。実はこの2つのCPUにおいてはクロック周波数以上に性能に差があります。この点については後述します。, Core i3-9100Fと比べるとコア数は同じ4コアですが、Ryzen 3 3100はスレッドが8コアと倍増しています。マルチスレッド性能についてはRyzen 3 3100の方が高いです。ベースクロックは同じ3.6GHz、ターボクロックは4.2GHzとCore i3-9100Fの方が高いです。シングルスレッド性能はCore i3-9100Fが優勢です。L3キャッシュについてはRyzen 3 3100が16MBと圧倒しています。, Core i5-9400Fと比べるとコア数はi5-9400Fが多く、スレッドはRyzen 3 3100が多くなっています。ベースクロックは3.6GHzのRyzen 3 3100が高く、ターボクロックは4.0GHzとCore i5-9400Fの方が高いです。L3キャッシュはやはりRyzen 3 3100の方が余裕があります。スペックを見る限りCore i5-9400Fともいい戦いになりそうです。, Ryzen 3 3100は、AMD自慢の7nmプロセス Zen 2アーキテクチャを採用した最も安いAMDプロセッサーです。初物尽くしで注目に値するモデルだと言えます。$100という価格帯で初めて4コア8スレッドのCPUを実現しました。その他にもこのクラスで初めてのPCI Express 4.0を採用したり、オーバークロックに対応したりと魅力十分です。, 他のシリーズと同様にDDR4メモリをサポートしています。新しいB550チップセットのマザーボードを使えるのも嬉しいですね。AMD 400シリーズのチップセットを持つ古いマザーボードとも互換性があるので、前世代からの買い替えも用意です。また、APUを非搭載としていることから外付けグラフィックボードの使用が前提であることがわかります。ゲームプレイなどを想定しているのでしょう。, 実はRyzen 3シリーズのリリースはAMDにもメリットがあります。なぜなら、高性能なCPUには不向きな小さな欠陥のあるダイを使ってプロセッサーを生産できるからです。生産がより効率的になるということです。例えば、1つのCCXに欠陥がある場合一部を無効化して対応できるRyzen 3 3100の存在意義は大きいです。, Ryzen 3 3100は、マルチスレッド性能が高いCPUです。Intel Core i3プロセッサーやPentiumを大きく上回りCore i5-9400Fに近いパフォーマンスを持っています。第1世代のRyzenシリーズと比べると、RYzen 3 3100は、ミドルクラスのRyzen 5 1600にも勝ります。さらに、Zen +アーキテクチャのRYzen 5 2600と同じぐらい高速なのはさすがです。まとめるとRyzen 3 3100は、一般的なアプリケーションを使うための自宅やオフィスPCに最適です。, オーバークロックができるのもポイントと言えます。Ryzen 3 3100は比較的低い周波数で動作するという特徴があります。つまり、オーバークロックに対して余力があるということです。採用されているシリコン(CPUの元)は、上位モデルのプロセッサーと同じものです。つまり、より高いクロック周波数にも耐えうるということです。最大クロック周波数よりも10%程度引き上げられます。もしかしするとCCXが2つあることも要因となっているかもしれません。, 価格帯を考えると十分な性能を持つCPUですが、ことゲームプレイになると平凡なモデルになってしまいます。確かに、FULL HD環境においてRyzen 7 1700XやRyzen 7 2600と同等のゲーミング性能を持っているので、Zen 2になってAMDがどれほど進化したのかを知ることができます。, Ryzen 3 3100の弱みは、2コアを持つCCX(CPU complex)を2つ持つ特殊な構造になっていてCCSがもう一つのCCXをデータのやり取りをするたびにレイテンシが生じることです。いわゆる2+2構造になっています。これがゲームプレイを得意としない理由です。負荷の掛かるタイトルの場合必ず2つのCCXを使用することになり、レイテンシが発生します。, この分割されたデザインは、2つのコアが8MBのL3キャッシュを共有しているという点でキャッシュにも影響を与えています。1つのCCX(4+0構造)の場合なら4つのすべてのコアが16MBのL3キャッシュを共有するので、データの重複を減らしてそれぞれのコアがより多くのキャッシュにアクセスできるようになります。Ryzen 3 3300Xでは1つのCCXを採用してこれらの制限を緩和させています。ゲームプレイを存分に楽しみたいなら上位のRyzen 3 3300Xを選択するのが賢明だと言えます。, 当記事では、Ryzen 3 3100の性能スペックについて紹介しました。$100という低価格帯にも関わらず4コア8スレッドとマルチスレッドの高さが魅力です。さらに、PCI Express 4.0や高性能DDR4メモリをサポートしているなど新しいCPUだけあって盛りだくさんです。, 総合性能ではCore i5-9400Fに近い性能を持っていますが、Photoshopやゲームなどやや苦手なジャンルもあります。不安定なところがあるのがAMDらしさと言えるかもしれません。それでもオーバークロックの余力もありポテンシャルは高いです。, Ryzen 3 3100はCPU内蔵グラフィックスが非搭載となっています。このCPUを選ぶ多くの方はゲーム以外の用途で安価なモデルを手に入れたいと考えているはずです。そう考えると外付けのグラフィックボード搭載が前提なのは痛いですね。, 「Ryzen 5 1600 AFの性能スペック&搭載BTOパソコン紹介【2020年】」, 「Ryzen 7 3750Hの性能スペック&搭載BTOノートパソコン紹介【2020年】」, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, Ryzen 7 5800Xの性能スペック&搭載BTOパソコン紹介(2020年11月12日), Ryzen 9 5900Xの性能スペック&搭載BTOパソコン紹介(2020年11月11日), Ryzen 5 5600Xの性能スペック&搭載BTOパソコン紹介(2020年11月9日), GeForce RTX 3070の性能スペック&搭載BTOパソコン紹介【2020年】(2020年11月6日), BTOパソコンのセール&キャンペーン情報【2020年11月】| 激安パソコンを見つけよう!割引や無償アップグレードが熱い!(2020年11月6日), (C)2016-2019 BTOパソコンおすすめランキング2020 | コスパ最強のPCを探す-BTOパソコンマガジン, これまでの$100という価格帯のCPUと比べると対応できる範囲は広がっています。ただ、苦手な分野もはっきりしていて用途に合わせて選択することをおすすめします。動画編集や動画投稿についても負荷が軽めであれば対応できます。RAW現像でも同様ですね。高解像度でなければ問題ありません。, Ryzen 3 3100は、これまでリリースされたRyzen 3000シリーズと同じZen 2アーキテクチャを採用しています。これが初めてZen 2を採用したRyzen 3シリーズです。以前まではRyzen 3を選択するとなるとZen +アーキテクチャのRyzen 3 2300XあるいはRyzen 3 3200Gを選択しなければいけませんでした。同じRyzen 3000シリーズでもアーキテクチャは一つ前のもので、パフォーマンス的に明らかにZen 2を採用したRyzen 3 3100が上回ります。, Intel Core i3-9100F及びCore i5-9400Fと比較していきます。なお、いずれのモデルもCPU内蔵グラフィックスは非搭載です。AMD製の最大の強みはZen 2にあります。プロセスが7nmとIntel製CPUの半分の大きさです。CPUの進歩はこのプロセスの縮小と反比例の関係にあると言えます。アーキテクチャという部分ではAMDが優勢です。, Ryzen 3 3100は、Core i5-9400Fよりも高いマルチスレッド性能を持っています。シングルスレッドも5%高くなっています。オーバークロックをすればその差が広がることになります。Core i3-9100Fとの差は2%程度です。これがそのまま実際のアプリケーションに適応できるわけではありませんが、期待しても良い水準だと言えます。, エンコードに掛かる時間を計測しています。数値が少ない方が高性能です。Core i3-9100Fを大きく上回っています。その差は30%近くと圧倒的です。マルチスレッド性能の高さをうまく活かせています。H.265でもH.264でも同じぐらいですね。オーバークロックをすればRyzen 3 3300Xと同等の性能まで引き上げられます。, 画像編集及び映像編集の処理に掛かる時間を計測しています。こちらも数値が少ない方が高性能だということです。Photoshopになるとガクッとパフォーマンスが低下します。Core i3-9100Fとの差は画像編集で26%、映像編集で6%となっています。Intel製のCPUへの最適化が進んでいるのかAMD製CPUが苦戦していますね。用途に合わせて選択することが大切です。, Battlefield 5ではそれなりの性能が出ています。ただ、Ryzen 3 3300Xとの差も大きく14%となっています。Core i3-9100Fと同様にややゲームプレイには向いていないと言えます。最低でもRyzen 3 3300Xを選択するべきでしょう。, Ryzenシリーズ全般に苦戦しています。Ryzen 3 3100とCore i3-9100Fとの差は26%と大きいです。オーバークロックをしてかろうじて対応できるぐらいです。CCXが2つあることのデメリットです。Intel製CPUが強いです。, Metro Exodusでも最下位となりました。Ryzen 3 3300Xとの差は7%と大きいです。Core i3-9100Fとの差は10%程度あります。今後登場するタイトルへの適応力には期待できないですね。, BTOパソコンおすすめランキング2020 | コスパ最強のPCを探す-BTOパソコンマガジン, Ryzen 3 3100は、AMD自慢の7nmプロセス Zen 2アーキテクチャを採用した最も安いAMDプロセッサー, Ryzen 3 3100は、マルチスレッド性能が高いCPUです。Intel Core i3プロセッサーやPentiumを大きく上回りCore i5-9400Fに近いパフォーマンスを持っています。, Ryzen 5 1600 AFの性能スペック&搭載BTOパソコン紹介【2020年】, Ryzen 7 3750Hの性能スペック&搭載BTOノートパソコン紹介【2020年】, GeForce RTX 3070の性能スペック&搭載BTOパソコン紹介【2020年】, BTOパソコンのセール&キャンペーン情報【2020年11月】| 激安パソコンを見つけよう!割引や無償アップグレードが熱い!. !function(e,t,s,i){var n="InfogramEmbeds",o=e.getElementsByTagName("script")[0],d=/^http:/.test(e.location)? ベンチマークソフトで性能を見る. この辺りは最近のベンチマークがAMDのCPUの構造に合わせて複雑な演算システムに変わってきているので、両方で比較してみると性能差が顕著に現れます。 Ryzen 3 3300X と Ryzen 3 3100の比較. (まあ3300Xが凄すぎるというのがあるのですが), DirectX 12では最大16fpsほど下回っており、やはり性能不足が感じられます。, DLSS2.0やFidelityFS CASなどGeforce、Radeonともに最新技術に対応したゲームで、, DirectX 11とDirectX 12ベースの二つがありますので、両方比較します。, 特にDirectX 11において最大26fpsほど、3300Xを下回っていますし、, DirectX 12だと差が2分の1になっていますが、最大13fpsほど下回っています。, ゲーミング性能ではそれなりという結果でしたが、AMDの狙い通りの設定とも言えます。, 今回は有名な編集ソフト「Adobe Premiere Pro 2020」で計測します。, 動画の長さは15分60fps、フルHD・4K動画でH.264/365の4パターンを計測。, フルHDハードウェアエンコードにてRyzen3 3300Xよりは劣るのは予想できましたが、, それでも6コア12スレッドを有するRyzen5 1600AFよりも早く終わっていますので、, このCPUのスペック帯で組む人の中には、できるかぎり安く抑えたいという人も多いと思います。, ということで、Ryzen3 3100を利用する際は純正クーラーで問題ないと思います。, 同時期にでたRyzen3 3300Xの性能がすごいのでどうしても見劣りしてしまう。, 性能を求めるのであれば、あと数千円出して3300X/3500を買うほうが満足度は高いでしょう。, 【2020年下半期】Ryzen 5 PRO 4650Gの性能は?ゲーム・動画編集は?, 現在は個人事業主として生活。ガジェットが大好きで、自作パソコンは二桁超えています。最近ではAIスピーカーにハマっています。, このサイトは自由な玉手箱と題して、私の好きなガジェット中心にゆる~く更新していきます。 中の人のプロフィールはこちら, AMD Ryzen 3 3100, with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 4コア / 4スレッド 65W【国内正規代理店品】100-100000284BOX, CoolerMaster MasterBoxQ300Lの実機レビュー!裏配線しやすい(*’▽’). ようやく登場した第3世代Ryzenのローエンドモデル「Ryzen 3 3300X」と「Ryzen 3 3100」を、レビュー & ベンチマークするよ。どちらも同じ4コア8スレッドに見えて、実は内部構造はまったく違っていて、性能もガラッと性格が変わってくるのが面白いCPUです。 AMD Ryzen 5 1600 AF vs. AMD Ryzen 3 3100 - CPU、比較、CPU VS、プロセッサの比較、プロセッサを比較する、プロセッサ一覧表、AMD、Intel、プロセッサ、CPU、ベンチマーク、Cinebench R20、Cinebench R15、Geekbench 5、PassMark CPU マーク それではRyzen3 3100の性能をみていきましょう。 まずは基本的なベンチマークを回していきます。 なお今回使用したグラボはRTX2060となっています。 メモリクロックは各CPUの最大値にて検証しています。 AMD Ryzen 3 3100 - CPU、比較、CPU VS、プロセッサの比較、プロセッサを比較する、プロセッサ一覧表、AMD、Intel、プロセッサ、CPU、ベンチマーク、Cinebench R20、Cinebench R15、Geekbench 5、PassMark CPU マーク Ryzenは2017年に発売を開始したAMDのCPUである。当初からコスパや性能が高く話題となっていたが、第3世代以降に弱点だったゲーム性能もインテルと比べて遜色のないものとなりデスクトップパソコンで自作をするならRyzenという機運も高まっている。 色々な第3世代のRyzenのCPUが投入されるなか、久々のRyzen3シリーズが登場しました。, そこで今回はその中のひとつ「Ryzen3 3100」についてベンチマークしてみました!, 同じくエントリー向けとして3300Xがリリースされており、同じ4コア8スレッドです。, この価格帯のCPUの場合、なるべくコストカットしたいという要望も多いと思いますので、. Ryzen 3 3100は、Core i5-9400Fよりも高いマルチスレッド性能を持っています。シングルスレッドも5%高くなっています。オーバークロックをすればその差が広がることになります。 ようやく登場した第3世代Ryzenのローエンドモデル「Ryzen 3 3300X」と「Ryzen 3 3100」を、レビュー & ベンチマークするよ。, どちらも同じ4コア8スレッドに見えて、実は内部構造はまったく違っていて、性能もガラッと性格が変わってくるのが面白いCPUです。, Ryzen 3 3300Xは4コア8スレッドで、最大4.3 GHzで動作する高クロックモデルです。約2000円安いRyzen 3 3100は、同じく4コア8スレッドですが、ブーストクロックは最大3.9 GHzに抑えられてます。, さて、Ryzen 3 3300Xと3100は一見すると「同じ4コア8スレッド」で、動作クロックが違うだけに見えます。しかし、「4コアの中身」には両者で大きな違いがあり、単なるクロック違いではないです。, AMD Ryzenは「CCX(CPU Complex)」と名付けられた、最大4コアのCPUを組み合わせて低価格なマルチコアCPUを作ります。, CPUはコア数が多く、チップの面積が巨大化するほど歩留まり率(不良品の発生率)が悪化します。だからインテルCPUはコア数が多いモデルほど生産数が絞られ、価格が高騰(または品薄)になりやすいです。, とはいえ、Ryzenを構成する最大4コアの「CCX」も、必ず一定の頻度で不良品が発生します。たとえば4コアとして動作しない、3コアCCXや2コアCCXは一定確率で発生するでしょう。, 発生した不良品CCXをどうするか。インテルならCeleronやPentiumとして売ってますが、Ryzenなら「2コア同士で合成すれば4コアになるよね?」という考え方が通用します。, Ryzen 3 3100は、2コアCCXを2つ組み合わせて作った「デュアルCCX構成の4コアCPU」。価格が2000円高いRyzen 3 3300Xは、4コアCCX(完動品)を1個だけ使う「シングルCCX構成の4コアCPU」です。, では、複数のCCXを組み合わせて多コアCPUを作るデメリットとは?・・・CCXを複数使う最大のデメリットとして、レイテンシの発生を挙げられます。, Ryzenでは複数のCCXを接続するために、「インフィニティーファブリック(IF)」と呼ばれるバスインターフェースを使用します。, デュアルCCX構成の「3100」はレイテンシが大きい(via Anandtech), 低コストで多コアCPUを製造する上で、インフィニティーファブリックは画期的な方法ですが、複数のCCXをまたぐ処理が発生すると「レイテンシ(待ち時間)」が発生するのが弱点です。, インフィニティーファブリックの有無(= CCX間のレイテンシの存在)によって、どれほど性能が変化するかは、実際にベンチマークやゲームを検証して確かめます。, AMD Ryzenは全モデルがオーバークロックに対応しており、安価なB450マザーボードからオーバークロックを楽しめます。ただし、マザーボードの品質はピンキリなので、どこまでオーバークロックできるかは別問題です。, インテルCPUは引き続き、オーバークロックについては厳しい制限が掛かっています。最低でもZ490チップセットが必要で、CPUは「K」または「KF」モデルでなければ、CPUのオーバークロックは不可能です。, メモリのオーバークロックはKやKFを問わず、Z490マザーボードを使うなら全モデル対応。B460やH470マザーボードでは、CPU側の制限※が上限となります。, ※Core i7 ~ i9はDDR4-2933まで、Core i5以下はDDR4-2666が制限。Z490マザーボードなら、上限なくメモリオーバークロックが可能です。, 話題の Ryzen 3 3100 と Ryzen 3 3300X に関しましても、もちろん対応しているのでご安心ください。 (*Ryzen 3000 番台が動く BIOS バージョンで大丈夫です。) pic.twitter.com/ImscRnw8ve, — GIGABYTE Japan (@GIGABYTE_News) May 23, 2020, Ryzen 3000番台(Zen2)対応のBIOSが入っていれば、Ryzen 3 3300X / 3100は動作します。, しかし、絶対とは言い切れないので念のため、使う予定のマザーボードのCPUサポート表を確認しておきましょう。マザーボードによっては最初から対応してたり、最近になってから対応している場合があります。, 2020年6月時点のB450 / B550 / X570マザーボードなら、(よっぽど古い在庫を引かない限り)基本的に大丈夫だとは思いますが、心配な人はPCパーツショップ店頭で購入した方が確実です。, Ryzen 3 3300Xと3100を検証するテスト環境です。比較に使うCPU以外は、可能な限りほぼすべて同じPCパーツで揃え、CPUの性能だけを比較検証できる環境にしています。, メモリは容量8 GBを2枚で合計16 GB、メモリクロックはBTOパソコンで一般的なDDR4-2666です。, グラフィックボードはレビュー時点で最強性能の「RTX 2080 Ti」を使用しました。CPUのゲーミング性能を計測するのが目的なので、検証に使うグラフィックボードはなるべく高性能な方が良いです。, システムストレージはどちらもSSDで揃え、アプリケーションやベンチマークはSATA接続の2TB SSDから起動しています。おおむね、CPU本体の性能差をテストできるスペック環境です。, 「Cinebench R15」は日本国内だけでなく、国際的にもCPU用の定番ベンチマークソフトです。内容はレンダリングで、CPUが持っている理論上の性能がハッキリと反映されやすいです。, CPUのすべてのコアを100%使用した場合の性能を叩き出すため、理論上の目安になります。ただし、あくまでも目安であり、CPUの性能を代表するスコアではない点は注意してください。, すべてのコアを使用した場合の「マルチスレッド性能」を比較。Ryzen 3 3300Xは4コア8スレッドながらも、6コアのRyzen 5 3500に打ち勝ちます。, さすがに12スレッドのRyzen 5 1600 AFに届きませんが、4コア8スレッドとしてはかなり強力な性能です。, 1コアあたりの性能を示す「シングルスレッド性能」は、ぶっちぎりでRyzen 3 3300Xがトップ。, Cinebench R15の後継バージョン「Cinebench R20」も検証しておきました。, マルチスレッド性能はCinebench R15とおおむね同じ傾向で、Ryzen 3 3300XはRyzen 5 3500とRyzen 5 1600 AFに肉薄する性能です。, シングルスレッド性能は、やはりRyzen 3 3300Xが圧倒的に速く、Ryzen 3 3100はCore i3 10100と同等のスコアに落ち着きます。, Cinebenchだけでなく、実際に「Blender」というレンダリングソフトを使って処理速度を計測。内容はスポーツカー「BMW」を生成するのにかかった時間で比較します。, 驚くことに、Ryzen 3 3300Xは上位モデルのRyzen 5 3500を27秒も追い抜き、あと7秒でRyzen 5 1600 AFにすら追いつく勢いです。4コア8スレッドにしては異様な速さです。, Geekbench 4.1はマルチプラットフォーム対応のベンチマークソフトです。内容はAESなど暗号処理系で構成され、主にCPUの計算速度をスコア化します。, シングルスレッドの計算速度は、Ryzen 3 3300Xがトップに。2番手はCore i3 10100でした。, マルチスレッドの計算速度では、スペック的には上位であるRyzen 5 1600 AFやRyzen 5 3500に、Ryzen 3 3300Xが追いつくスコアを見せます。, 「動画エンコードにかかる時間」は、CPUの性能を知るうえで分かりやすい指標のひとつです。, まずは定番のフリー動画エンコードソフト「Handbrake」を使ってエンコード性能を検証します。約1 GBのフルHD動画(.mkv)を、Handbrakeの標準プリセットを使ってエンコードして、ログに表示される「平均処理速度」で性能比較します。, 同じ4コア8スレッドCPU同士でも、かなりの性能差が生じているのが興味深い結果です。Core i3 10100は動画エンコードがイマイチ遅いようですね。, 更に負荷が重たいフルHD → フルHDへのエンコードでは、Ryzen 3 3300Xが6コアのRyzen 5 3500を超えるエンコード速度を記録します。, 処理が複雑なH.265 MKVプリセットでエンコードすると、Ryzen 3 3300Xが6コア12スレッドのRyzen 5 1600 AFを抑えて1位に。, 同じ設定のまま解像度だけをフルHDに変更すると、若干性能差は緩和されますが、傾向はそれほど変わらずRyzen 3 3300Xの性能が良さがよく分かります。, 日本では大人気の動画編集ソフト「Aviutl」も検証します。rigaya氏が開発した拡張プラグイン「x264guiEx」と「x265guiEx」を使って、2400フレームの動画をエンコード。, x264guiExのテスト結果です。Ryzen 3 3300Xは、Ryzen 5 3500とほぼ同じ時間でエンコードを完了。, 「Davinci Resolve」はフリー動画編集ソフトとして、Aviutlと並んで完成度の高いソフトです。カラーグレーディングやVFX合成などプロ仕様な機能に加え、PCスペックをフルに活用できる洗練された設計が大きな強み。, 今回の検証ではPuget Systems社のベンチマークプリセットを使って、Davinci Resolve 16における動画編集のパフォーマンスを計測します。バッチ処理でDavinci Resolveを動かして、それぞれの処理にかかった時間からスコアを出す仕組みです。, Davinci Resolveにおける4K動画編集は、コア数とスレッド数が多いほど処理性能がアップします。, それでもRyzen 3 3300Xは8スレッドながら738点を叩き出し、12スレッドあるRyzen 5 1600 AFにあと一歩のパフォーマンスが記録しています。, スコアの詳細をまとめました。Core i3 10100と比較すると、Ryzen 3 3300Xは約8%も高速にDavinci Resolveを処理できます。, ゲーム配信ソフトで特に有名な「OBS(略:Open Broadcaster Software)」を使って、CPUの配信性能を検証します。, なお、あくまでもCPUの性能評価としてOBSを使うだけであって、現時点では「ゲーム配信するならNVEncが有利」です。Turing世代のNVEncは高画質かつ、ゲーム中のフレームレートの下落も少ないです。, 4コア8スレッドでは、「veryfast」設定ですらコマ落ちが目立ちました。60 fps制限ならギリギリ配信ができますが、NVEncがある以上、CPUで配信するメリットはほぼ無いでしょう。, ファイルの圧縮と解凍のスピードを、有名なフリー解凍ソフト「7-Zip」を使って計測。付属のベンチマークツールで、圧縮と解凍のスピードを「MIPS」という単位で分かりやすく表示してくれます。, 「圧縮」はRyzen 3 3300Xはなんとビックリ、6コアのRyzen 5 3500、6コア12スレッドのRyzen 5 1600 AFすら抑えてのトップです。ライバルのi3 10100は全くダメですね。, 「解凍」はRyzenが得意とする分野で、マルチスレッド数に比例した結果になりました。, ブラウザ上で動作するベンチマーク「mozilla kraken 1.1」を使って、CPUがブラウザ上のWebアプリをどれだけ速く処理できるかを検証する。単位はミリ秒なので、短いほど処理が速いです。, 基本的にシングルスレッド性能に比例して速くなるテストなので、当然トップはRyzen 3 3300Xです。Ryzen 3 3100はRyzen 5 3500と同じくらいの処理速度でした。, 写真編集の定番ソフト「Photoshop CC」を検証。バッチファイルを使って実際にPhotoshopを動かして、それぞれの処理に掛かった時間からスコアを算出します。, Photoshopはマルチスレッドよりも、シングルスレッド性能が効きやすいソフトです。シンプルに高性能なRyzen 3 3300Xにとって、Photoshopの処理は朝飯前。, スコアをまとめました。Ryzen 3 3100はもちろん、ライバルのCore i3 10100すら打ち負かします。Photoshop用の低価格CPUとして、最高の選択肢かもしれないです。, ※「Puget Systems Adobe Photoshop CC Benchmark」を使用しました。, PCMark 8を使って、Microsoft Officeの処理速度を計測します。オフィスソフトはマルチスレッドよりシングルスレッド依存のタスクになるため、基本的に第3世代RyzenやインテルCPUが有利です。, Wordの処理速度は、おおむねシングルスレッド性能で決まります。ある程度のシングルスレッド性能があれば、性能差はあまり出ないです。, Excelの処理速度は、シングルスレッドとほどほどのマルチスレッド性能が求められますが、なぜかRyzen 3 3300XだけでなくRyzen 3 3100まで不可解なほど速い結果に。, PowerPointは、Ryzen 3 3300Xがトップで、Ryzen 3 3100とCore i3 10100はほぼ同じ性能です。, Microsoft Office系は、全体的にシングルスレッド性能が効きやすいソフトなので、シングル処理が速いかつシンプル構造を持つRyzen 3 3300Xにとっては余裕でしょう。, コロナウイルスの流行によって、テレワーク(在宅勤務)の導入が進んでいます。ビデオ会議に使われるビデオチャット(VC)ソフトも出番が増えてきたため、「ビデオチャットの性能」を検証します。, 検証方法は「PCMark 10」のビデオチャットテストを使います。内容はビデオチャットを再生したときのフレームレート、顔認識の処理速度、エンコード(アバター着用など)の処理速度などが含まれ、総合スコアを算出できます。, ビデオチャットの総合的な性能は、Ryzen 5 1600 AFとほぼ同じです。顔認証テストがマルチスレッド性能を要求するので、マルチスレッド性能に比例した結果になりやすいです。, なお、PCMark 10の開発元によれば、ビデオチャットを含む基本的なテストなら4100点以上あれば十分とのこと。つまり、ここに掲載したCPUは「スコアの差」こそあれど、実用上はどれを選んでも違いが分かるどうかは分かりません。, 顔認識やアバター着用など複雑なタスクをせず、ただビデオチャットを再生するだけなら性能は頭打ちです。, 最後は「IPC(クロックあたりの処理性能)」をテストします。IPCが高いとは、つまるところ「同じクロックなのに性能が高い」わけですから、CPUのクロック周波数を固定してベンチマークを行えばある程度は明らかにできます。, 方法はシンプルで、クロック周波数を3.5 GHzに固定してCinebench R15をシングルスレッドモードで実行するだけ。, これでIPCの違いをキレイに抽出できます。グラフを見て分かる通り、CPUの世代や設計が新しいほどIPCは改善されます。, Ryzen 3 3300XとRyzen 3 3100は第3世代Ryzen(Zen2)で、現行トップクラスのIPCです。しかも、Ryzen 3 3300XはシングルCCX構造ゆえに、通常のRyzenより素直な性能に期待できます。, ゲームで高フレームレートを出すなら、グラフィックボードの性能が重要です。しかし、グラフィックボードが高性能なほど、CPUの性能も影響が大きくなります。, 現時点で最強のグラボである「RTX 2080 Ti」を使って、FF14:漆黒の反逆者ベンチマークを実行してみると、同じグラボなのに実際の性能に差が出るのが分かります。, これが「CPUボトルネック」と呼ばれる現象です。過去の検証データでは、傾向としてRyzenはゲーム性能でインテルCPUに劣りやすいです。, シングルスレッド性能が良いのに、なぜかゲーム性能は振るわない。ソフトウェアの最適化不足が原因なのは間違いないですが、CCX間のレイテンシもおそらく原因の一つだと思ってます。, Apex Legendsは、Ryzenだと頭打ちです。Ryzen 3 3300Xなら、もしかして・・・と期待したけれどダメですね。, Battlefiled Vでは、Ryzen 3 3300XがCore i3 10100とほぼ横並びのゲーミング性能です。最低フレームレートを見ると、Ryzen 3 3300Xの方が安定しています。, CS:GOはどのCPUを使っても余裕で240 fps以上を出せており、わずかな性能差は実用上ほとんど意味を持ちません。, と言ったものの、Ryzen 3 3300XはCore i3 10100すら抑えてのトップフレームレートを叩き出してます。, コールオブデューティーはマップ「Contraband」で計測。意外とRyzen 3 3300Xがトップ性能で、次にi3 10100でした。一方、デュアルCCX構成のRyzen 3 3100はまったく伸びません。, フォートナイトはマップ「ミスティ・メドウズ」で、ゲーム内の正午(12時)頃に計測しました。, インテルCPUの方が効率よくフレームレートを伸ばせる傾向が強いゲームですが、Ryzen 3 3300XはCore i3 10100やCore i5 9400Fを見事に上回るフレームレートです。, オーバーウォッチはどのCPUを使っても、平均240 fpsは余裕でオーバー。若干インテルCPUの方が伸びやすいように見えますが、実用上はかろうじて無視できる性能差です。, Ryzenだとエイムを振った時にフレームレートの落ち込みが大きいので、基本的にインテルCPUの方が安定しやすいです。しかし、Ryzen 3 3300Xはかなり安定したパフォーマンスを示します。, レインボーシックスシージは「ファベーラ」にて計測しました。Ryzen 3 3300Xは、Ryzen 3 3100を約30%も引き離し、ライバルのCore i3 10100すら上回る性能です。, じわじわと日本国内でも人気が出てきたARK Survival Evolveも検証。なお、最高設定はあまりにも重たすぎて非現実的なので、ひとつ下の高設定でテストしてます。, FF14(漆黒の反逆者)ベンチマークはスクエニ製のゲームだけあって、インテルCPUによく最適化されています。, なので、Core i3 10100とi5 9400Fがトップクラスなのは当たり前。注目したいのはRyzen 3 3300Xと3100の性能差です。同じ4コア8スレッドでも、実際のパフォーマンスには大きな差が出ています。, クロック周波数の差をはるかに超える性能差です。インフィニティーファブリックのレイテンシが、スクエニ系ゲームで性能が出づらい要因なのかも?, 「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー」も、スクエニ製のゲームです。FF14と似たような傾向で、インテルCPUに有利な結果になりやすいのは当然。, Ryzen 3 3300Xと3100では約17%の性能差が生じていて、明らかにクロック周波数では説明がつかないほどの性能差です。, モンスターハンターワールドはCPU負荷が重たいゲームのひとつです。ある程度はマルチスレッド性能が無ければ、平均フレームレートは良くても最低フレームレート(3%)はやや不安定。, Ryzen 3 3300XはCore i3 10100を抑えて1位、逆にRyzen 3 3100は今ひとつです。, 黒い砂漠は無料MMORPGでは、世界最高峰のグラフィックを誇るタイトルですが、HTT(SMT)と相性が悪いなど。ソフトウェアの最適化は未だにダメな部分が多いです。, データを見ての通り、4コア8スレッドだと6コア6スレッドにアッサリ負けたりします。一方で、Ryzen 3 3300Xは4コア8スレッドの割には、妙にフレームレートが伸びていて驚きです。, ※なお、測定方法はゲーム内時刻を午前11:30~午後12:30(正午付近)に限定したうえで、負荷が重たい「首都カルフェオン」を馬で走るのみ。, Ryzen 3 3300Xの平均フレームレートは、今回比較した6つのCPUでは最高性能です。インテル有利なゲームではギリギリCore i3 10100に負けますが、平均値ならi3 10100を打ち負かします。, デュアルCCX構成のRyzen 3 3100は、同じ4コア8スレッドでありながら、Ryzen 3 3300Xとは比較にならないRyzenらしい大人しいゲーム性能です。, モンスターハンターワールドやレインボーシックスシージなど、マルチスレッド性能を要求するゲームでは、6コア12スレッド(または8コア8スレッド)以上の方がより安定する場合もあります。, 検証の結果、同じ4コア8スレッドのZen2同士でも、4コアの内部構成によってゲーミング性能は大きく左右されることが分かりました。, 3300Xと3100の性能差は、クロック周波数では説明できないほど大きい性能差です。よって、CCX間のレイテンシが、ゲーム性能に多大な影響を与えている可能性は高いと推測できます。, 特に「黒い砂漠」は分かりやすい例です。黒い砂漠はHTT(SMT)と相性が悪い特徴があり、インテルCPUならHTTを無効化すると一気にフレームレートが伸びます。, しかし、RyzenではSMT無効化が効くのは8コアまでで、12コア以上のRyzenだとまったく効果が出ないのです。8コアなら1つのCCXに4コア入ってるので、まだ効率が良いのでしょう。, 12コアになるとCCXは2個から4個に倍増し、レイテンシは更に不利です。SMTを無効化しても、それ以上に複数のCCX間で生ずるレイテンシが大きなロスになっていると予想しています。, CPUの消費電力といえば、まず頭に浮かぶのは「TDP」です。しかし、TDPはあくまでも「これくらいの発熱量があるから、発熱量に対応したCPUクーラーを使ってね。」という意味合いの方が強く、イコール消費電力ではない。, よって本レビューでは電力ロガー機能のついた電源ユニットを使って、CPU本体の実際の消費電力を計測します。たとえば、電源ユニットから100 Wの電力が供給されていれば、CPUの消費電力は約100 Wと判断できます。, 電源ユニットを2台使ってCPUとそれ以外のパーツで供給を完全に分割しているため、CPUに給電している電源ユニットの計測値を見れば、CPU本体の消費電力が明らかになる仕組みです。, 消費電力は、Handbrakeで「Fast 1080p(x264)」プリセットでエンコードしながら測定します。10コア20スレッドCPUまでなら、この方法でCPU使用率は常時100%に張り付き、CPU本体の消費電力をほぼフルに引き出せます。, 全コア負荷時の動作クロックは、Ryzen 3 3300Xが4.2 GHz前後に対して、Ryzen 3 3100は3.9 GHzとかなり大人しいです。, クロック周波数が高いほど消費電力は派手に上昇するのがRyzenの特徴なので、Ryzen 3 3300Xは約68 WでRyzen 3 3100は約50Wほど、実に40%近い差が生じています。, 1ワットあたりの動画エンコード速度(= ワットパフォーマンス)を計算すると、トップはRyzen 3 3100です。, Ryzen 3 3300XはライバルのCore i3 10100に、少し劣るワットパフォーマンスに。なお、動画エンコードの性能で計算しているため、結果は総合的に考える必要があります。, 動画エンコード中(CPU使用率100%)の状態で、虎徹Mark IIで冷やしたデータです。, Ryzen 3 3300XとRyzen 3 3100では、CPU温度は15℃も差が出ました。Ryzen 3 3300Xの方が選別されたコアですが、4コアCCXゆえに熱密度が高く、かなり熱が出やすいようです。, 虎徹Mark IIを使っても中央値で75℃前後ですので、付属の「Wraith Stealth」クーラーで冷やすのは苦労する可能性があります。Ryzen 3 3100の方は付属クーラーで大丈夫です。, 付属クーラー「Wraith Stealth」は、一応スペック上は65 WのTDPに対応する92 mm径CPUクーラーです。, 虎徹Mark IIと冷却性能を比較すると、Wraith Stealthは最大84℃、虎徹Mark IIは最大74℃でした。温度差は10℃に達し、Wraith Stealthで100%負荷のRyzen 3 3300Xを冷やすのは少々厳しいです。, 動画エンコード中の動作クロックも、4.2 GHzから4.1 GHzへ低下(消費電力は約5.6 W低下)し、TDPが65 Wに収まるように自動的にクロック周波数が調整されています。, Ryzen 3 3300Xの性能をムダなく引き出すなら、付属クーラーではなく少なくとも「虎徹Mark II」を使いたいところです。, Ryzen 3 3100はAuto設定の時点で十分に省エネなので、特に検証はしてません。自由度の高そうなRyzen 3 3300Xのみ、低電圧化と手動オーバークロックを試してみた。, CPU温度は4.5 GHz(1.431 V)で、最大97.5℃に達しました。予想通りかなりの爆熱です。虎徹Mark IIでは、Ryzen 3 3300Xの手動オーバークロックは満足にできません。, 「低電圧化」は4.2 GHz(1.225 V)で検証し、消費電力は平均59.2 Wに抑えられます。定格より約9 W下がり、CPU温度も最大70℃に低下しました。, 「低電圧化」は効果てきめんです。消費電力と熱が下がるだけでなく、クロックが安定することで動画エンコードの性能も改善。結果的にワットパフォーマンスも向上します。, 一方、オーバークロックは無駄に消費電力が跳ね上がるだけで、得られるメリットは多くは無いです。時間を費やしてチューニングするなら、OCより低電圧化の方がメリットは多いでしょう。, なお、低電圧化はクロック周波数を固定するので、マルチスレッド性能は維持できてもシングルスレッド性能は下がってしまいます。, 幸いなことに、Ryzen 3 3300Xには「シングルCCX構成」という圧倒的な優位性があり、多少シングルスレッド性能が下がったところで・・・ゲーミング性能は誤差程度にしか変化しないです。, Ryzen 3 3300Xのゲーミング性能はそのままの状態でもかなり強力ですが、メモリのオーバークロックを組み合わせれば更に性能アップを目指せます。, メモリのオーバークロックが効果的な「FF14:漆黒のヴィランズ」だと、DDR4-2666(CL14)からDDR4-3333(CL14)にオーバークロックしただけで、スコアは約7.8%アップです。, ただし、メモリのオーバークロックはCPUよりも難易度が高いです。使うメモリの品質はもちろん、マザーボードの設計や相性、CPUのメモリコントローラーの品質まで。複数の要因が関わってきます。, 特にBIOSバージョンの影響は極めて大きいので、メモリのオーバークロックに挑戦するなら、マザーボードのBIOSをなるべく最新版にアップデートしてください。, 参考までに、今回の検証に使ったメモリを紹介。タイトなオーバークロック耐性に定評がある「Samsung Bダイ」チップを搭載したDDR4メモリです。, 最初から収録されているXMPプロファイル(DDR4-3200 CL14-14-14-34)を適用するだけでも、かなり強力なオーバークロック効果を得られます。, 第3世代Ryzenのローエンドモデルとして投入された「Ryzen 3 3300X」と「Ryzen 3 3100」は、ついにCore i3を打ち負かす存在に進化しています。, 従来のRyzen 3は、Core i3と比較して今ひとつパッとしないCPUでしたが、今回の第3世代Ryzen 3は非常に強力です。特にシングルCCX構成を持つ「Ryzen 3 3300X」は、ゲーム性能も文句なしに優秀。, そのままでも高性能なのに、オーバークロックの制限は無し。安価なB450マザーボードでも、CPUとメモリの手動オーバークロックが可能など、性能に伸びしろまで与えられています。, CPU単体のコストパフォーマンスはもちろんのこと、プラットフォームまで含めたコスパは圧倒的にRyzen 3が有利です。, ライバルの第10世代Core i3は、マザーボードの買い替えが必要で、オーバークロックもガチガチの制限付き。あまりにも不利です。よほどの理由が無い限り、Core i3 10100を選ぶ必要はありません。, Ryzen 3 3300Xは定格でも温度が高いので、可能であれば虎徹クラスのCPUクーラーが欲しいです。, Ryzen 3 3100は温度と消費電力は大人しいですが、デュアルCCX構成ゆえにRyzen 3 3300Xほど優れた性能ではありません。, Ryzen 3 3300Xは、シングルCCX構成のおかげでレイテンシが極めて少なく、不得意なはずのゲーミング性能でCore i3 10100を打ち負かします。, 優れたシングルスレッド性能も加わり、PhotoshopやOfficeなど、あらゆるタスクで優れたパフォーマンスを発揮できます。ライバルのi3 10100がRyzen 3 3300Xに勝てるのは、スクエニ系ゲームぐらいです。, 価格に対するパフォーマンスにおいて、Ryzen 3 3300Xはクリエイティブからゲーミングまで圧倒的に有利で、Core i3 10100を選ぶ価値をまったく見いだせません。, i3 10100を選ぶくらいならi5 9400Fの方が良いでしょう。と言っても、i5 9400Fもオーバークロック制限が厳しいので、メモリOCで性能を水増しできるRyzen 3 3300Xの方が有利なことに変わりないです。, というわけで、個人的な評価はRyzen 3 3300Xに「Sランク」、Ryzen 3 3100に「A+ランク」で決まりです。, シングルCCX構成のRyzen 3 3300Xは、本当にオールマイティーな性能の持ち主で、現行の4コア8スレッドCPUでは万人におすすめできます。, デュアルCCX構成のRyzen 3 3100は、3300Xほど万能な性能ではありませんが、付属クーラーで運用可能なCPU温度と価格の安さを評価して「A+」です。, 以上「Ryzen 3 3300Xと3100をレビュー:i3 10100に出る幕なし・・・」でした。, ちもちゃん10世代インテルも出た訳ですし そろそろCPUベンチマーク性能比較表更新して欲しいです!, 「デメリットと弱点」のところ、「オーバークロックは伸びない」は3100ではなく3300Xの弱点ではないでしょうか。 余談ですが、Tom’s Hardwareのレビューでは3100を4.4GHz(1.4V)にオーバークロックして検証していました。かなり伸びるようなので興味があればお試しください。, 「2 + 2」コア構成が足を引っ張って、3300X超えは厳しい予感はしますが、時間がある時に試してみます。 情報ありがとうございます。, レビューありがとうございます。3300Xは結構発熱するんですね・・・ 一点お聞かせ下さい。 mini-ITXで組もうと思うのですが,クーラーはNH-D9Lか120mmの簡易水冷を検討しています。 どちらでも冷却性能は充分足りるでしょうか?, 実際にMini-ITXケースに入れて検証したわけではないので、断定はできませんが、虎徹Mark IIよりは冷却性能は高いと思われます。, 120 mm簡易水冷については、安価な製品だと虎徹Mark IIとそう変わらない場合もあるので、AsetekがOEM元の「Corsair」製が無難です。, 今後のZENは1CCXで8コアを擁するという噂もあるので、 8コア16スレッド1CCXの製品とか出てきたらいよいよAMD最強になってしまう, インフィニティーファブリックが無いだけで、ここまで効率が良いのはホントに驚きですよね・・・。 8コアのCCXはコスト的に問題ないのかが気になるところですが、シングルCCXで8コアモデルが強いのは、ほぼ間違いないないと思います。, i3はもちろんだけど、地味にRyzen5 3500も涙目の性能ですね i3と3300xの差額でグラボは買えないので、グラボが要らない用途ならi3も役割はあります 3100+vega8みたいなAPUが1.5万円ぐらいで出てきたらマジで立場がなくなるけど…, 1600af、3300Xどっちも入手困難なので ちょっと背伸びして3600を買っちゃいました。 リテールクーラー+熊グリス使っていますが 虎徹2に変更した方が良いでしょうか?, 3600にMX4でリテールクーラー付けてるけど今んとこ何の問題もない でも使ってるケースとか負荷のかかり具合で冷却事情なんてガラッと変わってくるから、他人の話なんてあんまり当てにせんほうがいいぞ CPU温度測るアプリ入れて温度高かったら虎徹に変える、問題なかったらそのまま、それだけ, 3300Xの登場で真に涙目なのはi3 10100君よりもRyzen 5 3500君だと思うの, 一応もの3300Xより僅かながらワットパフォーマンスで勝ってるのと、在庫供給量が多いのが強みではあるけど, 初めまして。 高校生で初めて自作pcを組もうと思っているのですが、今買うならcorei3 9100fとryzen3 3100 どちらが良いでしょうか?, 何に使うのか分からないのと、ビデオカードの存在知ってるのかも若干疑問だけど。 トラブル対応全部引っくるめてi3-9100Fに丸投げしたい気分。, discordとゲームを同時に使用するとどれくらいフレームレートに影響するのでしょうか? 4コア8スレッドの3300と6コア6スレッドの9400ではどれくらい差があるのでしょうか?, B550マザーボードも出るので,初めての自作PCをしようと思っています. Ryzen3 3300X /3100と組み合わせるなら,どのグラボがコストパフォーマンスが高いでしょうか?, コスパ重視ならB450でいいのでは PCIe4.0に1万円以上の価値を見出しているなら別だけど, 【予算別】自作PCの組み立てプランと解説を10個まとめたよ https://chimolog.co/bto-build-pc-plans/#2_10AMD_RyzenPC, ・Silver Arrow IB-E Extreme ・ASSASSIN III ・NH-D15 ・Ninja 5 ・Dark Rock Pro 4 この5つをすでに用意済みなので、あとは時間さえあれば検証して動画にしようかな・・・と思ってるとこです。, 最近RYZENで自作PC組んだのですが 正直、この季節ZEN2CPUのアイドル~常用域での温度は不満です。 良いCPUクーラー入れたところで、CPUは自体は涼しくても部屋が暑いです。 そんなに多くないと思いますが動画編集やエンコメインで常にCPUのピークが必要な方にはRYZENは良いと思いますが ブラウザ、オフィスソフト、ゲーム等を普段使いするならインテルの方が良いと思いました。, 10100の生きる道はNEC Mateなんかの法人・官公庁向け事務用PCへの組み込みでしょう。 この手のPCは内蔵gpuでネットとエクセルさえ動いて安ければ問題無し。その意味で10100は大口需要は見込めます。, 最新記事のCPU比較助かりました。 シネベンチR15のシングル高い順に並べると R3 3300Xのコスパの異常な高さが光りますね。 消耗品で計上したいんで助かります。, PRO 4350G がシングルCCX構成のようなので、グラボを積んだら3300X並みに働いてくれそうですね。 https://ascii.jp/elem/000/004/021/4021569/3/, Renoirの単品販売は絞るようなので、良い性能が出ても結局入手困難になりそうですが・・・, 14nm+++なんてものはありませんよー。公式が使ってるのは14nm++までです。, BF5の比較で 「Battlefiled Vでは、Ryzen 3 3300XがCore i3 10100とほぼ横並びのゲーミング性能です。」 となっていますが、グラフを見るとCore i5 9400Fのそれと取り違えているように見えます。, この記事でAMDがzen3でやる事が分かった。 ・8コア単位でシングルCCX ・クロック周波数上げ, 個人的には人間が差異を感じるのは絶対値での差ではなく比なので240fpsと220fpsってよほど感度が高い人でない限り気付かないだろうから安い方で良いんじゃない…?って感じもする。 100と80であれば気づくだろうから100を求めたほうが良いと思うけど。(100fpsと90fpsの違いが二重盲検法でわかる人なら240を追い求めても良いと思う), 関西エリアに生息する、平成生まれのウサトラ混合種。今時珍しい「自作PCが趣味の20代」です。20台以上、自作PCを組んできた経験から、計測主義にもとづいたゲーミングPCや周辺機器の検証レビューにハマってます。(→プロフィール詳細), AMD / コア : 4 / スレッド : 8 / ソケット : Socket AM4 / チップセット : AMD 400~500 Series / 付属クーラー : Wraith Stealth / 内蔵GPU : なし / 備考 : シングルCCX版, 参考までに、ぼくが使ってるROG STRIX X570-E GAMINGは、BIOS更新せずに正常動作しています。, AMD / コア : 4 / スレッド : 8 / ソケット : Socket AM4 / チップセット : AMD 400~500 Series / 付属クーラー : Wraith Stealth / 内蔵GPU : なし / 備考 : 「2 + 2」CCX版, Intel / コア : 4 / スレッド : 8 / ソケット : LGA 1200 / チップセット : Intel 400 Series / 付属クーラー : PCG 2015C(65W) / 内蔵GPU : Intel UHD 630, ASUS / チップセット : Intel Z490 / フォーム : ATX / ソケット : LGA1200 / フェーズ数 : 16(DrMOS) / マルチGPU : SLI or CF / M.2 : 2スロット / LAN : 2.5 GbE / 無線 : Wi-Fi 6, ASUS / チップセット : AMD X570 / フォーム : ATX / ソケット : Socket AM4 / フェーズ数 : 12+4 / マルチGPU : SLI対応 / LAN : 1.0 + 2.5 GbE, MSI / ブーストクロック : 1755 MHz / ファン : トリプル内排気 / 厚み : 2スロット(55.6 mm) / TDP : 300 W / 備考 : 8 + 8 + 6 pinが必要, G.Skill / 種類 : デスクトップ用 / 規格 : DDR4-3200 / CL : 14-14-14-34 / ランク : 1-Rank / 容量 : 8 GB / 枚数 : 2枚 / チップ : Samsung B-die / 備考 : for AMDメモリ, あまりにも速いので、システムを再起動して再テストを行いましたが、結果はほとんど同じでした。, 「黒い砂漠」は最適化ポンコツゲームだけど、皮肉なことにCPUの特徴を検証するのには役立つゲームです。, Scythe / ソケット : LGA 115X・2011・Socket AM4 / ファン : 120 mm / 全高 : 154 mm, RyzenでメモリOCなら、とりあえずDDR4-3200でCL値が低いメモリを選べばハズレにくいです。G.Skillの迷彩柄メモリはオススメしません。, Puget Systems Adobe Photoshop CC Benchmark, Ryzen 7 5800Xベンチマークレビュー:8コアCPUに6万円の価値はあるか?, Core i9 10850Kをレビュー:i9 10900Kが1万円も安くなったよ。, https://chimolog.co/bto-build-pc-plans/#2_10AMD_RyzenPC, https://ascii.jp/elem/000/004/021/4021569/3/, OpenFX – Lens Flare + Tilt-Shift Blur + Sharpen, Ryzen 3 3300Xと3100をレビュー:i3 10100に出る幕なし・・・.

Pdf結合 無料 安全, 東海道新幹線 最高速度 区間, フェンダーusa ベース 中古, 楽天キャッシュ チャージ エラー Cash23, ハロウィン 給食 献立, 楽天 クレジットカードアプリ 連携, 愛錠 発売 日, Bリーグ 選手名鑑 2020-21,